171023-005kibounotou

「小池に怖さ思い知らせる」?希望の党内部対立の強まり感じさせる「削除された発言」とは

LINEで送る
Pocket

 
選挙期間中から小池百合子都知事への反発を隠そうとしなくなった希望の党の民進党出身者らが選挙結果を受けて更に強気の言動に出る恐れが強まっているようです。

小池都知事の地盤だった東京10区で腹心と言われる若狭勝候補が敗北、議席を失ったことに象徴される希望の党の惨敗で民進党出身者の影響力を増すことが予想されていますが、早くも「反小池」の動きが顕在化する可能性もありそうです。

選挙戦において「希望の党を実際に運営していくのは民進党出身の私たち中堅の仲間達」と演説した候補者がいたと報じられ反響を呼んでいましたが、民進党出身者の中には他にも「立憲党、無所属、民進党と思いは一緒」「手を携えて野党立て直したい」と語っていた候補者や、小池都知事に対し「衆院選に出ないなら党首辞めてもらいたい」とまで述べていた候補までいたことも判明するなど、党内の「反小池」色が徐々に強まっています(関連記事参照)。

そうした中、10月23日に掲載された毎日新聞の記事には、小池都知事の求心力低下に対して民進党出身者が「小池氏の責任を問う。代表を辞任し、顧問などに下がるべきだ」と述べていると紹介されていますが、当初掲載された記事には、削除されたもうひとつ別のコメントがあったのです。

魚拓「当選した民進党出身の前職は「小池氏の責任を問う。代表を辞任し、顧問などに下がるべきだ」と語った。やはり当選した別の民進党出身の前職も「選挙に通ったので、小池氏に我々の政治家としての怖さを思い知らせる」と述べた。

記事は他の部分でも別の言い回しになるなどかなり手が加えられる形で変更されていることから上記のコメントだけが削除されたというわけではありませんが、発言が事実であれば一時は政権交代もあり得るのではとまで言われた希望の党が失速、今回の選挙結果に終わったことで民進党出身者vs小池都知事とも言える構図は予測以上に根深くなっていると言えそうです。
 

※画像は希望の党動画より。
関連URL:【毎日新聞】衆院選 希望、敗北に動揺 前原民進代表、辞任へ 魚拓

メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。転載希望はお問い合わせください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

足立康史議員の一連の発言の中で、撤回すべきだと思うのはどれですか(複数回答)。

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP