171023-006adachi

足立康史議員の比例復活に松井代表が「お墨付き」与えて激励「頑張るべき」議席返上発言で

LINEで送る
Pocket

 
日本維新の会・足立康史候補が小選挙区で惜敗、比例復活当選した件に関連して以前「比例枠返上」に言及していたとして成り行きに注目が集まっていた件で、10月23日に松井代表が比例復活当選へのお墨付きを会見で与えていました。

松井代表「頑張るべき」議席返上発言に

足立候補は大阪9区で自民党・原田憲治候補93,475票に対して91,438票と僅差で敗れ、比例近畿ブロックで当選していました。

しかし前回も比例復活であった足立候補は「連続落選なら比例枠を返上する」と背水の陣で臨む覚悟を示していたことから、比例当選をどのように受け止めるのか話題になっていましたが、これについて足立候補は10月23日の午前、Twitterでこのように述べ比例復活当選について「有権者のお気持ちに応えていく」「松井代表に預ける」としていました。

足立「私は、公示日に前後して「連続落選なら比例枠を返上する」「相手陣営と正々堂々と戦った上でなら二言なし」「背水の陣で戦い抜く」とツイートしましたが、大阪9区以外の皆様からも比例票を通じて「足立支持」の票を多数いただいたことを知り、そうした有権者のお気持ちに応えていく決意を固めました。」

足立「もちろん、比例枠は日本維新の会という政党名での投票ですから、「ツーストライク・アウト」方式の運用を含めて私の進退は松井一郎代表にお預けしているわけですが、党が「厳しい審判」(松井代表)を受ける中で、私一人が「我儘」を通す余裕はありません。これまで以上に党勢拡大に邁進する所存です。」

これについて10月23日、松井代表が記者からの質問に答える形で足立議員の比例当選について僅差であったことを挙げ「恥を忍んで頑張るべき」と語り今後の議員活動へのお墨付きを与えています。

松井代表の発言

記者「足立さんのことで伺いたいんですけれども、選挙活動中にですね、比例で当選されたら、比例は返上しますということを約束されてたかと思うんですけれども、代表におまかせしますとおっしゃってるそうなんですけど」

松井「いやもう、あの、僅差でね、競り負けたけど、そこまで僅差でいってるってことは有権者の支持も高かった、惜敗率で。だから選挙中に言ったこと、そりゃま彼の覚悟を表明した言葉だと思うけど、まぁ結果出たら有権者がそれだけ期待してるんだから、負けてる人の中でも負け数が少ないとか、惜敗だということなんでね、うん、まぁ、あの、恥を忍んで頑張るべきだと思いますね。

記者「これあの、政治家ご自身の身分に関する約束だと思うんですけど、維新の選挙としてはそれでいいのかなと」

松井「いやそれは自分で、その批判も耐えて、活動するんだと思います。だから言ってるんです、恥を忍んで頑張りなさいと。」

記者「それは党としての決定ということになるんだと思うんですけど」

松井「党ってこれ個人の決定じゃないですか」
 

※画像は足立康史氏のTwitterより。
関連URL:Twitter Twitter

メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。転載希望はお問い合わせください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

足立康史議員の一連の発言の中で、撤回すべきだと思うのはどれですか(複数回答)。

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP