171031-001koike

「当初は全員合流前提にしていた」若狭勝氏の発言に希望で落選した前議員「なんだ、それ?」

LINEで送る
Pocket

 
民進党からの合流者を巡る経緯について「当初は全員合流を前提としていた」と若狭勝氏がメディアに語り、落選した候補者が「なんだ、それ?」と反応しています。

これはAERAdot.に掲載された小池都知事と前原代表の「ボタンの掛け違いの真相とは?若狭勝激白」という記事に民進党から希望の党へ合流、落選した宮崎タケシ前衆議院議員が驚きを見せているというもの。

若狭氏は希望の党の敗因として「スタンスが明確でなかった」点を挙げ、全員合流を考えていた前原代表と「さらさらない」の小池都知事との間に「ボタンの掛け違いというか、認識の違いはあったと思います」と述べていますが、実務レベルでは全員合流が前提だった、と明かしているのです。「当初から全員合流という構想だったのですか」という記者の質問に若狭氏はこう語っています。

若狭「基本的なスタンスはそうですね。全員合流を前提とした話だった。僕と玄葉さんは当初はそう話していましたから。」(AERAdot.より)

若狭・玄葉の話し合いでは全員合流を前提としていたとすれば小池・若狭間の意思疎通に問題はなかったのか、それとも合流で納得していた小池都知事がひっくり返して排除に転じたのかという可能性も浮上することから、経緯を巡る議論が再び活発化しそうです。

実務レベルでは全員合流を前提にしていたことが明らかになった今回の記事に対し、民進党から希望の党に合流し落選した宮崎タケシ氏はTwitterでこう驚きを見せています。

宮崎「なんだ、それ???当初は全員合流が前提だったのに途中から変わった?全員合流→東京は民進系ゼロ 「ボタンの掛け違い」というレベルの話ではなかったということですね」
 

※画像は希望の党公式サイトより。
関連URL:【AERAdot.】小池百合子と前原誠司のボタンの掛け違いの真相とは? 若狭勝激白 Twitter

メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

ツーショット写真巡る小西洋之議員vs河野太郎外相の対立、支持するのはどちら

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP