171109-003koike

共産党・小池晃書記局長がトランプ大統領を「死の商人」安倍首相を「植民地の家来」と表現し批判

LINEで送る
Pocket

 
共産党の小池晃書記局長が11月8日、演説でトランプ大統領を「死の商人」、安倍首相を「植民地の家来」と表現し批判していました。

これは「STOP!9条改憲、安倍雇用破壊、8時間働いてまともに暮らせる働くルール確立を11・8中央総決起集会」で演説した小池書記局長が、来日したトランプ大統領と、安倍首相の対応をこのように非難していたというもの。

小池「トランプ大統領、一体何しに来たのか!死の商人ではありませんか!そして安倍首相は、あのまさに、植民地の家来のような、あの対応は一体なんなんでしょうか!」

小池書記局長はこれに先立って衆院選を振り返り、希望の党がもし躍進していれば国会が自民・公明・希望・維新の「改憲勢力で占拠される結果にもなっていたかもしれない」と述べ、「それを阻止できたことはひとつの大きな成果だったと言える」と評価。

更に「死の商人」発言後は森友・加計学園や辺野古、残業といった複数の問題を挙げて厳しく安倍首相を批判し、「改憲を言い出せないような世論を作ろうではありませんか!」と憲法改正反対への決意を改めて示し、連帯を訴えていました。
 


 

※画像は動画より。
関連URL:【YouTube】9条改憲と雇用破壊ストップ

メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。転載希望はお問い合わせください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

足立康史議員の一連の発言の中で、撤回すべきだと思うのはどれですか(複数回答)。

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP