171113-007suga

菅長官が東京新聞の女性記者を「また」注意「質問の言いっ放しは止めて」「臆測で発言しないで」

LINEで送る
Pocket

 
11月10日に「事実に基づいて質問して欲しい」と苦言を呈されたばかりの(関連記事参照)東京新聞女性記者が、11月13日午後の菅官房長官会見で再び「質問の言いっ放しは止めて欲しい」「臆測に基づいて発言することは是非止めて欲しい」と注意を受けていました。

菅「質問の言いっ放しと臆測に基づく発言は止めて」

この記者は11月13日午後の会見約13分間のうち5分を使って防衛装備品移転や加計学園問題について菅官房長官への追及を試みていましたが、まず防衛装備品移転に関しては「菅長官が小野寺防衛相らを呼んで指示したと聞いている」として「どのような目的で指示を出したのか」と尋ねましたが、「指示を出したことはない」とあっさり退けられてしまいます。

切り口を変えて再度質問するも菅官房長官からは不快そうに「指示を出したことはない。それが全て」と撥ねつけられてしまったためか、女性記者は「防衛省の有識者会合で提言されているのでご確認頂きたい」と捨て台詞のように述べ、そのまま加計学園問題へと話題を変更。

石破4条件を満たしていないのではないかと指摘、菅官房長官の考えを質そうとしましたがカチンと来たのか菅官房長官はまず女性記者をこのように注意。

菅「まずあの質問の言いっぱなし止めて欲しいと思います。憶測に基づいて発言してることは是非止めて欲しいと思います。(以下略)」

言い返す記者。

記者「えーと、こちらはですね、取材で聞いている話等を元に、話をしてます。憶測では流石に聞けないので、取材で聞いた事実をベースに聞いております。(以下略)」

しかし菅官房長官も負けていません。

菅「いやまず、今私が申し上げたのは防衛品に関係しての質問です。途中であの、言いっ放しで止められたじゃないでしょうか。(以下略)」

聞き直した記者に対し結局、菅官房長官は最後にこのように述べ、会見を終えていました。

菅「いや今あなたが質問したことです。途中で質問の、何を質問したかわからないうちに終わったんじゃないですか?」

11月10日の会見では「事実に基づいて質問して欲しい」と求められた記者は今回、「臆測に基づいて発言している」と類似の注意を受けた上に「質問の言いっ放しは止めて欲しい」と新たな問題点を挙げられた格好となってしまった形です。

菅官房長官と東京新聞女性記者の発言

記者「えー先週の金曜日の閣議後に、えー菅長官は小野寺防衛大臣と河野太郎外相、財務省の岡本主計局長を呼ばれまして、武器輸出、防衛装備移転に関してのODA的な枠組みを作るよう指示を致したと聞いております。この資金援助の枠組を作るというのはマレーシアを始め新興国にですね、中古の防衛装備、武器の供与を急いでいるからとも聞きます。今のODAではご存知のように経済開発援助が目的であり、武器輸出には使えません。この枠組が出来ることで、えー武器の輸出も防衛装備の輸出も促進できると思われますが、現状、原発だけではなくてですねぇ、武器の輸出、防衛装備移転においても、税金を注ぎ込んでいくことに対する・・・」

アナウンス「質問簡潔にお願いします」

記者「はい!合意形成は出来ていないのではないかという声もあります。どのような目的でこのような指示を出したのか、えーお答え下さい

菅「報道されてるような今の質問の内容について、話をした事実はありませんし、指示を出したこともありません

記者「えー、これに関連しまして防衛装備移転に関しては防衛装備庁が2014年4月に装備移転三原則に踏み切って以降、様々な防衛装備移転・武器輸出に関する支援策を検討しております。その時にも、今回のこのODA的な資金開発援助というのを途上国等にもするべきじゃないかという議論は、支援のあり方としては提言されております。えー現状、政権として、この、過去ですね、ODAでは認めてこなかったような枠組みでの武器・装備を購入する途上国に対する資金援助ということは必要だというお考えはありますでしょうか」

菅「(少し不快そうに)指示を出したことはありません。それが全てであります

記者「えーと、防衛省からはこのような提言が有識者会合の中で出ておりますご確認頂きたいと思います。えーとちょっと話を変わります。加計学園に関してお聞き致します。えー、NHKほかいくつかの報道等でもされているところありますけれども、えー設置審の中で、学園の申請内容というのが、委員の方の中からですね、いわゆる石破4条件と言われる閣議決定した4条件を、これは満たしていないのではないかというお話が出ていたと。で、その中で文科省の担当者がこの4条件に関しては、特区での検討事項で、審議会では審査しないでいいと、いうことでまぁ、決まっていったということがあったとお聞きしました。この4条件、非常に閣議決定されたもので、重いものだと思いますが、現状諮問会議の場で、この4条件はきっちりと検証されたという証拠が、あの資料等ありませんし、合わせまして、細かい、今回決まった人数、教員の人数やプロセスの内容がですね、問題ないかどうかというところを、諮問会議で具体的に決定したというところも、資料等で出てきておりません。えーもう一度やはり、この諮問会議の場で、今回のこの4条件、それからその、新たに出されたカリキュラムの内容が、特区の先進的な革新的な獣医学部を作るんだということに合致するかどうかの検証が、やはり必要なんじゃないかなと思うんですが、その点はいかがお考えでしょうか」

菅「まずあの質問の言いっぱなし止めて欲しいと思います。憶測に基づいて発言してることは是非止めて欲しいと思います。そして、国家戦略特区の枠組みの中で、関係法令に基づき関係省庁の合意のもとでここは適切に進められて来ている。それに尽きると思います」

アナウンス「次の日程ございますので御協力をお願い致します」

記者「えーと、こちらはですね、取材で聞いている話等を元に、話をしてます。憶測では流石に聞けないので、取材で聞いた事実をベースに聞いております。つまり諮問委員会の中では、石破4条件の中身は議論されておりません。これに関しては、今まで出ている報道等、もしくは資料等読み返しても、どう4条件に合致してるかを、しっかりと政府は説明しきれてないと思うんですが、この点については説明しきれたというお考えだということでしょうか」

菅「いやまず、今私が申し上げたのは防衛品に関係しての質問です。途中であの、言いっ放しで止められたじゃないでしょうか。で、今の件ですけども、これにつきましては国家戦略特区の枠組みの中で、関係法令に基づいて関係省庁の合意のもとで適切に進められてきたと、これに尽きると思います」

アナウンス「今手を挙げている方1問でお願いします」

記者「防衛品に関する質問というのは閣議後の会見で、各大臣等のお話のことでしょうか」

菅「いや今あなたが質問したことです。途中で質問の、何を質問したかわからないうちに終わったんじゃないですか?

アナウンス「はい、ありがとうございました」
 


 

※画像は政府インターネットテレビより。

メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。転載希望はお問い合わせください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

足立康史議員の一連の発言の中で、撤回すべきだと思うのはどれですか(複数回答)。

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP