171114-002tamaki

玉木雄一郎共同代表「政治の世界では比例復活より選挙区で選ばれた方を大切にする方針重視する」

LINEで送る
Pocket

 
希望の党の玉木雄一郎共同代表が11月13日、BSフジ「プライムニュース」で比例復活当選した議員より小選挙区で当選した議員を執行部人事で重視していく方針を明らかにしていました。

この日の放送では「『巨大与党』vs『三党物語』~戦略と覚悟」というテーマで自民党の新藤義孝政調会長代理、立憲民主党の長妻昭代表代行、民進党の大塚耕平代表や慶応大学総合政策学部の松井孝治教授らと議論していた玉木共同代表でしたが、11月14日にも決まると見られている希望の党の人事について「チャーターメンバーと後から来た人たちの区別をするのか」また「比例復活と小選挙区で当選した人をどう線引するのか」という問いに対しこのように答え、比例復活当選の議員より小選挙区で当選した議員を「大切にする」と明言していました。

玉木「まずチャーター(メンバー)かどうかは一切気にしていませんし、それは考えず一体として人事をやっていきたいというのが方針です。で、小選挙区かどうかについてはこれはですね、私自身の考えでもあるんですけど、やはり政治の世界に入った以上、選挙で勝つということが大事だと思いますし、それが民意を頂くあるいは正当性を付与して頂く大切なプロセスだと思ってますから、選挙区で選ばれた方をですね、ある意味大切にするという方針は、私は重視したいと思ってます」

希望の党から出馬した候補者のうち小選挙区で当選していたのは「階猛」「大島敦」「長島昭久」「笠浩史」「下条みつ」「井出庸生」「細野豪志」「渡辺周」「古川元久」「古本伸一郎」「大西健介」「岸本周平」「泉健太」「佐藤公治」「玉木雄一郎」「白石洋一」「大串博志」「西岡秀子」の18名。

比例のみでの出馬もいたものの、玉木共同代表がこうした考えを表明した以上、テレビで盛んに自己アピールを続けている柚木道義議員など比例復活組への見方にも影響がありそうです。
 


 

※画像は番組より。
関連URL:
【プライムニュース】『「三党物語」vs自民党 立憲×希望×民進の溝』

メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。転載希望はお問い合わせください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

足立康史議員の一連の発言の中で、撤回すべきだと思うのはどれですか(複数回答)。

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP