171115-002ogushi

大串博志議員が主張に加え政治姿勢でも「何でも反対」「足引っ張る文化」民進党スタイルを鮮明に

LINEで送る
Pocket

 
共同代表選で玉木雄一郎代表に敗れた希望の党・大串博志衆議院議員が早速、執行部を批判する言動を始めており党にとって今後の懸念要因となる可能性を窺わせています。

大串議員は11月14日に小池百合子都知事が代表辞任を発表した両院議員総会における不満についてブログを更新、「小池氏の代表辞任に思う」というタイトルで玉木共同代表が代表に選出された経緯に納得がいかなかった旨、綴っています。

大串「ただその場で、小池氏が後任の代表として「玉木氏を推挙します」と述べ、そのまま「それでよろしいでしょうか」という司会の声とともに、何か事前に予定されていたかのように、新代表を決めた流れには、私は違和感と唐突感を覚えました。」

大串議員は小池都知事が代表辞任を発表した場で玉木共同代表の代表就任を決めるのではなく、改めて両院議員総会を開き決めるべきだった、と主張。

大串「本来であれば、今日は代表が辞めることを確認した上で、先に共同代表に選ばれていた玉木氏の党務運営のもとで、後日改めて遅滞なく両院議員総会を開いて、そこでみんなが落ち着いて、いつ何を決めるのかということに十分な情報を持った上で、新代表を決めていくべきだったと思います。」

大串議員は11月14日の両院議員総会後の会見でも「開かれたオープンな党のやり方ではないのではないかと違和感を覚えた」「ブラックボックス的に決まっているという印象を受けた」などとこの件について批判するとともに、「誰が立候補するのかしないのかということも十分にみんなが考える時間的な余裕も持った上で」改めて代表選を行うべきだった、などと語っていました。

しかし、記者が「異議ありと唱えることも出来たのではないか」と尋ねると大串議員は「それが出来ないような流れだった」などと述べており、終わってから騒ぎ立てているという印象は否めません。

大串「それが出来ないような流れだったですね。もうこれでよろしいですかと、勢い良く。あれはちょっと非常に、皆さんどうですかという言葉じゃなかったですね。」

共同代表選において「安保法制容認しない」「憲法9条改正反対」を唱え、民進党回帰の象徴のように見られていた大串議員が、その主張だけでなく政治姿勢までも「なんでも反対」「足を引っ張る文化」の民進党スタイル継承を鮮明にしたと言えそうです。
 


 

※画像は大串博志議員のブログより。
関連URL【大串ひろしブログ】小池氏の代表辞任に思う

メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。転載希望はお問い合わせください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

足立康史議員の一連の発言の中で、撤回すべきだと思うのはどれですか(複数回答)。

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP