171115-003nagashima

長島昭久政調会長が希望の党共同代表選に結党メンバー出馬しなかった理由に言及「思いはあったが」

LINEで送る
Pocket

 
希望の党・長島昭久政調会長が11月14日のBSフジ「プライムニュース」に出演し、共同代表選にチャーターメンバーが立候補しなかった事情について語っていました。

この日は「自民・石破茂 x 希望・長島昭久 半島有事の”死角”と日本防衛『再構築』」というテーマについて石破茂議員と議論していた長島政調会長でしたが、番組の最後で視聴者からのメール「なぜ希望の党共同代表選にチャーターメンバーが出なかったのか」という質問に対し、民進党合流組への配慮からだったと打ち明けていました。

「チャーターメンバーの思いはあった」とはしながらも「あんまりしゃしゃり出てですね、党内ガタガタにするのも良くなかった」ため、考えの近い玉木代表を推すことにした、と説明していた長島政調会長でしたが、見方を変えればチャーターメンバーと民進党合流組の関係が微妙であることを露呈したとも言えそうです。

長島「これはですねぇ、やっぱりあの、まぁチャーターメンバーって8人なんですね。で、後から入って来られた方が圧倒的に多かった。で、まぁチャーターメンバーの思いはあったんですけど、あんまりしゃしゃり出てですね、党内ガタガタにするのも良くなかったんで、我々は一回まず引いて、そして我々の思いと一にする人を是非立てていこうということで、玉木さん、我々支援に回ったんです。まぁ実際、良かったと思います。効果あったと思います。」
 


 

※画像は番組より。
関連URL:【プライムニュース】『「石破茂×長島昭久」 半島有事“死角”あり』

メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。転載希望はお問い合わせください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

足立康史議員の一連の発言の中で、撤回すべきだと思うのはどれですか(複数回答)。

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP