171118-001adachi

「こういう人がよく国会議員してられるな」足立康史議員批判したTwitterアカウントに厳しい声

LINEで送る
Pocket

 
テレビ局のアナウンサーを名乗るTwitterアカウントが足立康史議員の発言を取り上げ「こういう人がよく国会議員してられるな」と呆れを見せていますが、コメントには多数の批判が寄せられているようです。

このアカウントは足立議員が「犯罪者」という表現を用いて国会で玉木雄一郎代表や福山哲郎幹事長、それに石破茂議員らを批判、その後撤回した件について「あれだけ威勢良かったのに」「こういう人がよく国会議員してられるな」などと語っています。

「結局謝罪するのか?あれだけ威勢良かったのに。こうなることも想像できない国会議員に、我々の身を委ねる気に到底なれないな… 勢いよく戦争始めてすぐ参りました…では済まない。こういう人がよく国会議員してられるな…」

しかし、足立議員はSNSで「犯罪者と断定しているかのように誤解を招いた表現については、撤回をし謝罪をいたしました」としつつも、その背景については「企業団体献金を巡る根深い問題が横たわっている」「一般論として団体から献金を受けている代議士が一定の請託を受けて国会質問すれば受託収賄の疑いは免れません」と述べていることから、あくまでも「犯罪者」という表現を用いた点についてのみ撤回・謝罪したものと受け止められています。

こうした点からアナウンサーを名乗るアカウントに対しては「主張を変えたわけじゃないでしょう」「見方が浅すぎる」といった指摘が出ており、好意的な反応は多くありません。

また加計学園問題においてはそもそもメディアの報じ方に問題がある、と考える人が多いことから「マスコミがきちんと伝えないから過激な発言に及んだという面もあるのではないか」との声も見られており、更に「勢いよく戦争始めてすぐ参りましたでは済まない」と戦争に例えている点についても共感は得られていないようです。

アナウンサーを名乗るアカウントであっただけにメディアへの批判的な空気が反発を増加させている面もありそうです。

「ワイドショーの謝罪はサラッと済ませて終わるよね」
「尤もらしいこと言ってればいいんだから楽ですねマスコミは」
「こういう考えの人でしたか。残念です」
「あなたの意見は国民の多数から支持されますかね?」
「そもそもマスコミの偏向報道にも問題あるんじゃないですか」
「すぐ戦争に置き換える発想がイヤだよ」
「文句言ってないで献金もらってる議員を調べてください」
「表現が過激だったことを謝罪しただけでしょ。主張は変えてない」
「誰に選ばれたわけでもないアナウンサーが偉そうに」
「あのくらい過激発言しないとマスコミ取り上げないじゃん」
「見方が浅すぎないか?大丈夫かジャーナリスト」
 


 

関連URL:Twitter Facebook

メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。転載希望はお問い合わせください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

民進党はどうすべきだと思う?

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP