171120-007suzuki

「ムガベ大統領が45度の角度で頭を下げた」鈴木宗男氏が26年前のジンバブエ訪問振り返りエピソード披露

LINEで送る
Pocket

 
辞任を巡って混乱しているジンバブエのムガベ大統領に関連した26年前の「想い出」を鈴木宗男氏が綴っています。

鈴木氏は11月20日、ブログを更新し独裁者として知られるムガベ大統領の退陣可能性が報じられている、と語り始めると「ムガベ大統領には私も想い出がある」として平成3年に外務政策次官としてジンバブエを訪問した際の出来事に言及。

予定されていたムガベ大統領との会談を急にキャンセルされてしまったという鈴木氏は「日本国民の善意として20億円のODA(政府開発援助)を持ってきているが、ジンバブエには支援しない、持って帰る」と反発したそうです。

鈴木氏が「問題になる」「国交断絶を言ってくるかもしれません」と弱気の日本大使を叱りつけ強気を崩さなかったところ、ジンバブエの大蔵大臣が平身低頭、日本大使館に飛んできたと言いますが、それもはねつけたら今度はムガベ大統領から「是非お会いしたい」との連絡が。

結局会談することにした鈴木氏は直接ムガベ大統領に苦言を呈したそうですが、大統領はその際「濃紺のスーツを見事に着こなし、イギリス仕込みのダンディといわれたムガベ大統領は45度の角度で頭を下げた」と当時を振り返っています。

しかし鈴木氏の1年後に小泉純一郎大臣がジンバブエを訪問した際にもやはり会談がキャンセルされてしまったらしく、これを知った鈴木氏は「変わっていないな」と感じたそうですが、こうした想い出のためか、最後にこうまとめています。

鈴木「ジンバブエで新しい民主的な歴史が作られていくことを願ってやまない。」
 


 

※画像は鈴木氏の公式ブログより。
関連URL:【ムネオオフィシャルブログ】11月20日

メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。転載希望はお問い合わせください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

民進党はどうすべきだと思う?

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP