171120-008adachi

足立康史議員に今度は「公の場での謝罪」求めた立憲民主党に増える「不寛容なリベラルだ」の声

LINEで送る
Pocket

 
11月15日の衆議院文科委員会で「犯罪者」と発言していた足立康史議員に対し、立憲民主党が11月20日、公の場での謝罪などを改めて求めたと報じられたことで立憲民主党への不快感が出ているようです。

これは朝日新聞が「『公の場で謝罪』立憲が要求 維新・足立議員めぐり」というタイトルで伝えていますが、それによると衆議院に懲罰動議を提出した立憲民主党が11月20日、議院運営委員会で足立議員に「『公の場での謝罪』などを改めて求めた」とされています。

しかし足立議員が既に11月17日に「深く反省し、撤回し、謝罪を申し上げたい」としていること、立憲民主党が懲罰動議を提出していること、また自民党と希望の党が議事録からの発言削除を条件に足立議員の謝罪を受け入れていることから、今回立憲民主党が改めて「公の場での謝罪」を求めた点については「狭量だ」とする反発が目立ち始めているようです。

足立議員と辻元清美議員の確執も影響しているのではないかなどとも囁かれている一方で「立憲民主党は器が小さいんだな」と謝罪・撤回している相手を更に追い詰めようとする姿勢への批判が見られている他、枝野代表が「日本の保守本流は多様性と寛容を大切にするリベラルで、私は保守本流だ」などと語っていた点に照らして「他人に不寛容じゃないか」と皮肉を呈する声も見られているなど、立憲民主党への厳しい見方が相次いでいます。

「公の場での謝罪」を求められたことに対しては足立議員もこのように挑発を交えTwitterで呆れとも言えるコメントを出していますが、中には「会見でも開いて形だけ謝罪し、その後辻元追及を更に手厳しくやってやれ」と求める意見もあるなど、更なる展開を期待する人もいないわけではないようです。

足立「まだ言ってるのか?生コンや野田中央公園の疑惑を追及されたくないのは分かるけど…」

「リベラルは他人の批判に不寛容だねぇ」
「朝日の必死な反応が笑える」
「何度も謝罪求めて韓国みたいな粘着だね」
「突っ込まれたくないんだろうなぁ立憲民主党は」
「立憲はそんなことより初鹿に会見させろよ」
「器の小ささが露呈してしまったな」
「で、これは辻元議員の意向なの?違うの?」
「朝日もしつこいね。もういいじゃん」
「立憲民主党のメンタルがよーくわかる事例だ」
「謝罪の前に潔白を証明するほうが先だろ」
「足立は撤回を撤回して再度追及しろ。その方が面白い」
 


 

※画像は立憲民主党公式サイトより。
関連URL:【朝日新聞】「公の場で謝罪」立憲が要求 維新・足立議員めぐり Twitter

メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。転載希望はお問い合わせください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

民進党はどうすべきだと思う?

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP