171121-002hasegawa

長谷川豊氏が日本維新の会との距離に言及「長谷川は厄介者だという意見の匂い感じている」

LINEで送る
Pocket

 
衆院選で日本維新の会から出馬し落選していた元アナウンサーの長谷川豊氏が、自身の動画内で維新との微妙な関係や今後について語る場面がありました。

これは長谷川氏が「FRESH!」で公開している「『激論!長谷川豊の本気論、本音論TV』by長谷川豊公式チャンネル」において11月10日に公開された動画内で言及されていたというもの。

長谷川氏は衆院選の振り返りや日本の少子化対策について自説を披露した後、番組の終盤で「ご報告」としていくつかの発表を行っていました。

それによると動画チャンネルは当該回をもって一旦休止する他、ブログやコラムの執筆回数も今後は相当減少するだろう、とのこと。

今回の選挙でお金を費やしてしまったこと、3人の子供を育てていくために自身の生活を立て直す必要があるため、と説明した長谷川氏は維新との今後の関係にも言及、党から距離を置かれている可能性を仄めかしていました。

長谷川氏は参院選への意欲や大阪の選挙区から立候補することも視野に入れていると言いますが「現状で言うと、ちょっと色よい返事は貰えてないです」。

また大阪都構想の宣伝広報を担いたい、と申し出たそうですが「現状で言うと全く相手にされていない状態」だそうで、維新内部の事情について長谷川氏はこう推測しています。

長谷川「維新の中にもね、松井代表のように長谷川と一緒にやりたいというふうに言って、受け入れて下さる人もいるんですけれども、御存知の通りで、僕は敵が多いです。非常に敵が多いです。だからまぁ、維新としても、ひょっとしたらですよ、やりたいと言って下さってる人は僕はたくさんいると思っているけれども、同時にひょっとしたら『長谷川は厄介者だ』という意見が内部であるのかなという匂いを一旦いまは感じてます。うん。」

「公認してもらえるかもしれない」と今後への期待も窺わせた長谷川氏でしたが、「維新とどう今後付き合えるのかもまだわからない」と不透明な状況であることから、「今後については今はちょっと冷静になって、意見を言ったり発信するより生活を立て直します」と語り番組を終えていました。
 


 

※画像は番組より。
関連URL:【FRESH!】#43「激論!長谷川豊の本気論、本音論TV」 by長谷川豊公式チャンネル

メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

官邸前抗議活動への警察警備は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP