171129-004imai

希望・今井雅人議員が自身の質疑を批判した新聞に苦言「深刻さ理解しないメディア驚きだ」

LINEで送る
Pocket

 
11月28日の衆議院予算委員会で安倍晋三首相にテレビでの発言を撤回しろと迫っていた希望の党・今井雅人議員が、自身の質疑を批判的に扱った新聞記事に苦言を呈しています。

今井議員は11月29日、前日の予算委員会の質疑を取り上げた産経ニュースが今井議員の質疑について「民進党への『先祖返り』を想起させた。」などと伝えていたことについて、Twitterで「推定無罪の原則を無視したこの発言の深刻さを理解しないメディアがいるのは驚きだ。」と語っています。

予算委員会で今井議員は安倍首相が10月11日のテレビ朝日系「報道ステーション」で籠池前理事長について「詐欺を働く人物」などと述べていたことを問題視、推定無罪の原則を持ち出して撤回を求め、「もう一度チャンスを差し上げますので言い方変えてください」と上から目線の姿勢も見られていました(関連記事)。

安倍首相は「詐欺を働く人物」という表現の前段で「詐欺で、逮捕され起訴されました。これはまさに、これから司法の場に移って行くんだろうと思います」としていたことから「有罪であるという前提で申し上げたものではない」と今井議員の撤回要求を退けていましたが、産経はこのやり取りについてこのように批判。

産経「国有地売却問題の本筋の議論そっちのけで「詐欺」発言撤回に執着する姿は、民進党の再来にしか映らない。」

これに対し「推定無罪の原則を無視したこの発言の深刻さを理解しないメディア」と反発する姿勢を見せた今井議員ですが、共感は広がっていないようです。

というのも「推定無罪」だというのでああれば森友学園問題や加計学園問題における安倍首相に対しても当てはめるべきではないかとして今井議員の発言を野党へのブーメランだとする指摘も見られるためで、産経が用いた表現「先祖返り」「民進党の再来」への納得感のほうが大きいようです。

「下らない質問するなよ」
「何をしたいのかわからない質疑でした」
「希望の党はどこを目指しているのか」
「相変わらず批判ばかり。先祖返りだよ」
「推定無罪を持ち出したら野党の追及不利でしょ」
「産経新聞だけが真実を伝えているなぁ」
「またブーメランじゃないか」
「党が変わっても何も変わっていない」
 


 

関連URL:Twitter 【産経ニュース】民進党と決別? 先祖返り? 希望の党の質問はまたもやチグハグ

メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

官邸前抗議活動への警察警備は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP