171204-004nagao

「改憲発議なら全会一致を」枝野代表の発言報道に自民・長尾たかし議員「全体主義連想させる」

LINEで送る
Pocket

 
立憲民主党の枝野幸男代表が憲法改正の国会発議について「全会一致が望ましい」などと語ったと報じられている件で、自民党の長尾たかし衆議院議員が「全体主義を連想させる」と批判とも呆れとも取れる感想を述べています。

長尾議員は枝野代表の発言としてテレビが「改憲発議 全会一致が望ましい」と伝えていた記事を添付の上、皮肉を込めて「多様性を認めようという時代に、全会一致という全体主義を連想させるご発言、凄いですね」「『モリカケ』に明け暮れてどうかしてしまったのでしょうか??心から心配しております」と語っています。

枝野代表の発言はNHKが「9条改正反対 改憲発議なら全会一致を」、テレビ朝日「改憲発議は『国会の全会一致で』」、産経ニュースでも「憲法改正の国会発議『全会一致になる努力を』」とそれぞれ伝えていました。NHKによると枝野代表は12月3日に長野市での会見においてこのように発言したとされています。

枝野「どうしても改正の発議をしたいのなら、国会で全会一致になるくらいの努力をすべきだ。その姿勢がない安倍政権は無責任だ」

しかし枝野代表は自身の発言について12月4日、Twitterで「全会一致が事実上不可能なのは前提」「賛成してもらう『努力』が重要と言ったもの」と説明、複数のメディア報道について「見出しと発言内容が違っています」「この見出しでは間違いなく誤解されます」と反発。

メディアの報道姿勢を批判する声も出てはいますが、枝野代表は12月3日にも「集団的自衛権行使容認を含む憲法改正私案を撤回した」と報じた新聞に対し「私のかつての私案は集団的自衛権の行使を容認していません」と反論、希望の党・長島昭久政調会長から「説明する責任がある」と指摘されたばかりだけに(関連記事参照)、メディア報道を通じた意思伝達に課題とも言えそうです。
 


 

関連URL:Twitter 【NHK】立憲民主 枝野氏「9条改正反対 改憲発議なら全会一致を」 Twitter Twitter

メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

国内でフェイクニュース大賞を選ぶならどのメディア?

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP