171205-004yamao

上川法相の答弁を執拗に求めた山尾志桜里議員が葉梨副大臣の答弁に「警察にいたとか関係ないでしょ!」

LINEで送る
Pocket

 
12月5日の衆議院法務委員会で、山尾志桜里議員が執拗に上川陽子法相の答弁を求め、委員長が指名した副大臣の発言を遮るなどピリピリした雰囲気で、最後には「共謀罪廃止法案を出させて頂きます」「出来るところまでとことん果たしていきたいと思っている」など捨て台詞的な言葉を残して終えていました。

「警察にいたとか関係ないでしょ」

山尾議員はこの日の質疑の後半部分でいわゆる「共謀罪」を取り上げ、まだ捜査が発生していないという「共謀罪」の捜査がもし着手された場合、法務省への情報共有は担保されるのか、何らかの制度的担保はあるのかと質問。

上川法相は個別の事案に基づいて判断することになる、との答弁に留めていましたが山尾議員は納得しません。手でヤジを振り払うような仕種まで見せて上川法相の答弁を求めますが、ここでは山下貴司政務官が「法務省のスタンスとしては大臣が言うとおり事案に応じてであり一概には申し上げられない」と上川法相の答弁を追認する形に。

しかし山尾議員が「政務官が発言して下さったので大臣に確認致します」と改めて要求したため上川法相が答弁しますが、ここで警察官僚だった葉梨康弘副大臣が挙手、委員長に指名されてもあくまで上川法相の答弁を求める山尾議員は「いや警察にいたとか関係ないでしょ」と退けようとした上、葉梨副大臣が発言を始めても「大臣の答弁の趣旨を明らかにするための質問ですから」「警察にいたとか関係ないでしょ」、また答弁の最中も「しっかり大臣に答弁させて下さい。質問と違う」と委員長に要求するなど収まりません。

葉梨副大臣は「検察庁と警察は対等の立場で連携することから警察側に報告を強制することは出来ない」と説明し理解を求めましたが、結局山尾議員は「直接答弁を避けられた」などと納得しないまま、最後には上川法相の答弁についての不満とともに「私ども立憲民主党の会派は共謀罪廃止法案を出させて頂きます」「出来るところまでとことん果たしていきたい」と捨て台詞のような言葉を残して質疑を終えていました。

山尾志桜里議員の発言

山尾「私が伺いたいのは、別に大臣の公表するかどうかというところにまだ行ってませんで、共謀罪が、初めて捜査の着手が行われた時に、それは法務大臣がしっかりと把握出来るようにするべきではないですかと。それすら、要はですね、法務大臣は今この場でですね、いや共謀罪が最初に捜査に着手になった時は、私はきちっと報告を受けて把握することになってますよと、こういう答弁は出来ないんですか?ってことを言ってるんです。そこは今の時点では明らかではないということですね?」

(ヤジ「警察」)

山尾「いえ大臣に聞いてます。大臣の側からすると、それは明らかではないんですねということです。(手でヤジを振り払う仕種を見せて)別に独立調査権のこと否定はしておりません

山下貴司法務大臣政務官「有難うございます私あの、19年に渡る検事、出向の間も含めてございます。また警察が捜査に着手する、そしてどのような段階で検察庁と情報共有するかということは個別の事案によってでございます。そうした中で勿論、国民の耳目を引くような事案、あるいは関心の高い犯罪につきましてはそういったことも踏まえて必要に応じ適時適切に報告を受けることになりますが、やはり事案に応じて一概に申し上げられないというのはやはり大臣もおっしゃる通り法務省のスタンスであろうかと思います」

山尾「政務官が発言してくださったので大臣に確認いたします。つまり捜査段階等々で報告を受けるか否かというのは個別の事案によるので一概には言えず、従って共謀罪の初めての案件であってもそれはその事案に応じて判断されるのであって、一概には言えないのだと。そういうことでよろしいですか?(政務官と副大臣が挙手)それ大臣ですねぇ。いやいやいやここは質問にも時間の制限がありますので大臣にしっかりと

上川「今回のテロ等準備罪の一連の過程の中で様々なご指摘がございました。それを受けて、国民の皆様に理解をして頂き、また捜査が適切に行うことが出来るようにしていくということは私が冒頭申し上げたところでございます。関係機関が連携して情報を共有しながら、関係法令に則って適正に行うということでございまして、事案に応じて変わりますので一概にお答えすることはなかなか難しいということでございますが、例えば受理、処理の内容、裁判の結果等の必要な情報につきまして、必要に応じて報告を受けるというふうになると思います」

山尾「あの、つまりですね?えー初めての共謀罪案件の捜査に着手が為された時に、その時点で法務大臣は警察から報告を受けるのかどうかは現時点では定かではない、ということですよね?」

上川「あくまで個々の事案に即して関係機関が連携をする。そして情報を共有する。そして関係法令に則って適正に行うと、このしっかりとした手続きに則って報告を受けるということでございます」

山尾「あの、質問にお答え下さい。初めての共謀罪の案件が捜査に着手がなされた時点で、法務大臣に報告が警察からあがるかどうかは現時点で定かなのか定かではないのかお答え下さい。(副大臣が挙手)これは大臣に引き続きの。いや大臣に

委員長「葉梨法務副大臣」

山尾「いや警察にいましたとか関係ないでしょ。大臣に、今これ大臣の答弁についての確認ですから・・・

葉梨康弘法務副大臣「(答弁に立って)委員長にご指名を頂きました・・・」

山尾「(話し続ける)大臣の答弁の趣旨を明らかにするための質問ですから

葉梨「はい、委員長にご指名をいただきました」

山尾「(話を止めない)大臣の答弁の趣旨を明らかにするためですから。警察にいたとか関係ないでしょ

葉梨「私があの、ちょっとご説明をしてから大臣にあの、これはですね、個々の事案について確定的なことを申し上げられないのは、何故かと言うと刑事訴訟法に基づきまして第一次捜査権というのは警察が持っているわけです。ですから、警察庁が通達を出して警察法の調査権に基づいて通達を出して、各都道府県警察が独自捜査、任意捜査であってもはじめるときには警察庁に報告をくれるようにと。いうような通達を出すこと。これは可能です。ただですね、あくまで先程大臣も申し上げてる通り検察庁と警察は、連携をしなければいけません。そしてその連携というのはあくまで対等の立場で行われるわけですから、検察庁から警察に対して必ずこういう場合には必ずこういう報告をしなさいというようなことを言うっていうことは強制は出来ないんですね。実際上の連携の中で色んな形での情報はあがってくるし、必要なものは大臣にあがるわけですけれども・・・」

(山尾「委員長質問と違う観点を縷縷述べてらっしゃいますので、しっかり大臣に答弁させて下さい。質問と違う」)

葉梨「大臣から、大臣から例えば警察庁に対して都道府県警察に対して強制をするということは出来ないんです。ですから大臣のあのような答弁になってるということをご理解を頂きたい」

山尾「質問に答える答弁ならまだしもですね、私の質問は報告が上がるということが定かになってるんですかなってないんですかということをお聞きしてるんです。今の副大臣の答弁は定かになってない理由を縷縷述べられましたけれども、その前提として私は定かになってるんですかなってないんですかということを聞いてるだけです。だから大臣答えて下さい

上川「このテロ等準備罪の問題につきましては国民の皆様の理解とそして協力を求めるという大変大事な法律でございました。様々なご議論もなされました。その意味では捜査の情報の共有ということについては最大限こうした共有をしていく。多分そういう事態になろうかと思います。いずれにしても関係法令に則って適正に行うということでございますので、必要に応じて適宜適切に報告を受けるということになろうかと思います」

山尾「ま、結局又直接答弁を避けられたわけですけども、結局は初めて共謀罪案件で捜査がスタートした際に法務大臣が把握できるかどうかは現時点で定かではないということですね?別にその評価は言ってませんよ?定かではないということですね?その点についてお答え頂けるならどうぞ

上川「個々の事案の中で色々な視点から判断をすべきということで、全て一律にというようなご趣旨のご質問であるとするならばあくまでそれぞれの事案に応じてということになろうかと思います」

山尾「あの、時間になりましたけれども、私は全て一律に報告を受けるんですかということを聞いてるのではなくて、共謀罪の初めての案件について、捜査の着手の時には報告を受けるのですかと、お伺いしてるだけであって、それがまぁ、現時点では法務大臣としてはその案件がどういう案件かによると。ま、そういう意味では定かではないということでありました。いずれにしてもまぁ今の答弁、まぁその共謀罪について運用のときからしっかりと国民の理解を得るという大臣の発言とはですね、すこしちょっと沿わない対応だったかなと今日のまぁ質問では思いました。私ども立憲民主党の会派は、共謀罪廃止法案を出させて頂きます。この法務委員会でしっかりとその問題を浮かび上がらせた責任をですね、出来るところまでとことん、果たして行きたいと思っておりますのでどうぞその点もこの委員会でしっかりとご議論に応じていただきますようにお願い致します。以上です
 


 


メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。転載希望はお問い合わせください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

民進党はどうすべきだと思う?

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP