171206-003arita

「ヘラヘラしないで下さいよ」警察庁の苦笑交じり答弁に有田芳生議員が不快感隠さず

LINEで送る
Pocket

 
12月5日の参議院法務委員会で、民進党の有田芳生議員が警察庁官僚の答弁に対し「ヘラヘラしないで下さいよ」と不快感を露わにする場面がありました。

「ヘラヘラしないで下さいよ。おかしいんですよ」

この日、有田議員は元TBSのジャーナリストによる準強姦疑惑について警察庁の審議官を追及しましたが、問題の場面は発行された逮捕状が執行されないケースがあるのか、という点についてのやり取りの際に訪れていました。

逮捕状が請求され、発行されたにも関わらず直前になって中止になるというケースは一般的にあるのか、と質した有田議員に対し、警察庁の大賀審議官は逃走の恐れがなくなった、逮捕が必要でないと判断された場合など「通常ありうるもの」と答弁。

「直前に停止されることもあるのか」と追及しても「直前ということもあり得る」と有田議員が扱った問題における警察側の対応に問題はなかったとの見解を示します。

すると次に有田議員が若狭勝前議員がブログで自身を「逮捕状と執行実務に精通している」とした上で「通常あり得ない」と述べていることを挙げて「この認識は間違っているのか」と尋ねたところ、審議官は少し苦笑しながらこう話し始めたのです。

警察庁「(少し苦笑気味に)まぁ個人の認識というものについてコメントをすることは差し控えたいと思いますけれども」

答弁の途中に「そんなこと聞いてんじゃないんだよ」「時間無いんで」とヤジが飛んだためか審議官は最後の部分でも「執行しないようにという指導をするということは『(強い声で)ある』ということでございます」と強調、こうした流れだったためか有田議員は開口一番、このように不快感を隠そうとしませんでした。

有田「ヘラヘラしないでくださいよ。おかしいんですよ。」

有田芳生議員の発言

有田「この伊藤さんのケースは、逮捕状が請求をされて発行されて、担当の刑事さんからはご本人に電話があって、海外にいた伊藤さんに電話があって、この日に元TBSのワシントン支局長が成田の空港に戻ってきた時に逮捕状を執行するという連絡があった。だけど、その当日になって伊藤さんに担当刑事から連絡があり、出来なくなったと。いう連絡があったというんですけれども、そういうケースあるんでしょうか。つまり逮捕状が請求されて発行されて直前に中止になるというケース。これ一般的ににあるんでしょうか

警察庁・大賀審議官「逮捕状を警察が取得している場合においても、例えば逃走の恐れがなくなったなどの事情の変更や、あるいは逮捕が必要でないと判断される時、等々逮捕が相当でないと判断される時などに逮捕状を執行せずに任意捜査とするということは捜査をする中でのですね、通常ありうるものと承知を致しております

有田「直前に停止されることもあるんですか?

警察庁・大賀審議官「捜査には様々な事情がございますので、その逮捕状を執行しないという判断をいかなるタイミングでするかというのもまたくぐであると思いますので、直前ということも有りうると言うことだと思います

有田「若狭勝元検事は、6月9日にご自身のブログでこう書いてます。私は逮捕状とその執行実務に精通している。その私の目からすると通常ではあり得ない事態。この種の犯罪で所轄警察署が入手した逮捕状につき、警視庁本部刑事部長がその逮捕状の執行をストップすることは通常絶対に有り得ない。こう語っておられますけれども、この認識は間違ってますか?

警察庁・大賀審議官「(少し苦笑気味に)まぁ個人の認識というものについてコメントをすることは差し控えたいと思いますけれども、警察署が行っている捜査に関してですね、警視庁の例えば警察本部がですね、適正捜査の観点から指導等行うのは通常のことであると承知をしております。特に逮捕権というものにつきましては人の身体の自由を拘束するものであるということでありますので、(ヤジ「そんなこと聞いてんじゃないんだよ」)慎重かつ適正に運用されるべきであると考えております。従いまして、(ヤジ「時間ないんで」)まぁそれが相当でないと判断した時には当然、執行しないようにという指導をするということは(強い声で)あるということでございます

有田「ヘラヘラしないでくださいよ。おかしいんですよ。何がおかしいかっていうと、所轄の警察署が徹底した証拠に基づいて逮捕状を請求した。その時検察と相談されたかどうかはわかりません。それ聞いたって一般論としてしか答えないわけだから。だから検察と相談してなくたって、少なくとも裁判所は逮捕状を発行したわけでしょ?だからそれなりの証拠は揃ってると判断してるわけじゃないですか。しかもさっきあなたがおっしゃったように、この事件についても、他の強姦事件に対して最初から警視庁の担当者と相談してるわけでしょ?だったら、警視庁の然るべき人たちに報告あがって、その上で逮捕状は発行されてたんじゃないですか?刑事部長が知らなかったってことあるんですか?」

警察庁・大賀審議官「個別の事件の捜査の経緯等について、特にこの事件は、先程委員が紹介されたような経緯を辿っているということもございますので、その詳細について、ご説明をすることは避けたいと思いますけれども、逮捕権の適切な行使という点からはですね、いかなる段階で逮捕を見合わせる判断をして、その判断を捜査員に伝えるかということに関してはですね、さほど大きな問題ではなくて、逮捕すべきでないものを、逮捕しないということが重要でございます。そのように考えております」

有田「証拠がちゃんと揃ってて、逮捕に相当するという判断をしたから、担当の警察官だってその当日成田の空港に行って本人を逮捕する準備をしてたんですよ。だけど、4日間のうちに何らかの動きがあって、逮捕しないということになった。だからこの担当刑事は悔しいから、当日成田の空港まで行って、この元TBSの、ワシントン支局長が降りてくるのを目の前で見て、そして無念の気持ちになるんですよ。そこでお聞きしたいんだけれども、そういう経過を辿ったあとに、この担当刑事は即座に担当を外される。そんなことあるんですか」

警察庁・大賀審議官「捜査の体制につきましてはですね、それぞれの都道府県警察において、その時々の事情において臨機応変に体制を組んでいるものと承知しております」

有田「そんな答弁ばっかりしてるから、性被害者たちは裁判に訴えることを躊躇するんですよ。法律変わったってそんな状況じゃ、何も変わんないじゃないですか。私達が、本当に恥ずかしい思いをして、証言をしたって、警察も司法もそういう態度だっていうことになれば、何も事態変わんないですよ。もうひとつお聞きします。(以下略)」
 


 


メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。転載希望はお問い合わせください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

民進党はどうすべきだと思う?

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP