171206-004masuko

増子輝彦幹事長「100%とは言わないがかなりの比率で民進党の名前では戦えないとの声ある」

LINEで送る
Pocket

 
民進党の増子輝彦幹事長が12月6日の会見で、民進党の今後について内部から挙がっているという厳しい声を語る場面がありました。

「かなりの比率で民進党では戦えないとの声ある」

増子幹事長はこの日、党の戦略組織運営に関する党本部の中間報告たたき台がまとまったとして会見、月内に中間報告をまとめた上、2月初旬に党大会を開催すると明かし、その時点で民進党の方向性を打ち出すとの見解をまず示しました。

現在、国会議員や地方とも意見交換を進めている状況だということでしたが、記者から「次期国政選挙まで民進党が残ると明言出来ますか」と問われると執行部に届いている声をこのように意味深とも言える形で紹介。「100%とは言わないがかなりの確率で民進党の名前では戦えない」という反応だと言うのです。

増子「多くの共通した認識は、全てとは言いませんが100%とは言いませんがかなりの高い比率で、民進党の名前のままでは戦えない。民進党で戦うイメージは持てないという声が圧倒的な実は声であるということもこれ事実であります」

増子幹事長はまた、「民進党で戦うということが本当にいいのかという問題提起もある」として、執行部としては丁寧に議論を重ね意見を聞きながら決断していくと述べ、「そう遠くない時期に一定の方向性が出されると思う」とまとめていました。

これに対して記者から「否定されないという理解で良いのか」という質問が寄せられると、増子幹事長は「否定も肯定も、今の時点ではすべきではないと思っている」と述べ、解党もしくは党の名称変更など大きな変更の可能性もゼロではないのかとの感触を窺わせていましたが、別の質問に対しては「この党は間違いなく存続していきます」とも発言していたことから、民進党の行く末がどうなるのか、2月に行われるという党大会に向けて、関心が高まりそうです。

民進党は12月4日の常任幹事会で「解党的出直し」という言葉を含んだ党再生に向けた改革方向性を了承したばかりでした。

増子輝彦幹事長の発言

記者「先程の両院懇のブリーフで、中川座長から伺ったんですけれども、たたき台に対する意見、民進党のままで戦うことは難しいというのが皆さんの意見だと伺っているんですが、ということは再来年夏、次期国政選挙まで民進党は残ると明言できますでしょうか

増子「これは私共いま、皆さんのご意見をお伺いしながら、また参議院の皆さん、あるいは地方統一選挙に臨む議員の皆さん、新人の皆さん含めて、どのような形が一番、この候補予定者にとって戦いやすいかということを含めて、この党が衆議院選挙で残念ながら民進党という候補者が出てなかったが為に、全く存在感がない、それこそ地方の組織でもそうですが、もう民進党はないんだと。希望や立憲にみんな行ってしまったんだと、いう声が多い状況の中で、私どもとしても、今現在この通り60名の衆参議員を抱えてる民進党ですから、今後の国会対応をも含め様々な選挙協力も含めて今、現時点で私ども民進党としての存在をきちっと、皆さんにご理解頂きながら活動してるわけです。

その後の選挙等についてもいくつかの選択肢が今、それぞれの議員の皆さんからも、地方の皆さんからも出ております。その中で、多くの共通した認識は、全てとは言いませんが100%とは言いませんがかなりの高い比率で、民進党の名前のままでは戦えない。民進党で戦うイメージは持てないという声が圧倒的な実は声であるということもこれ事実でありますし、先程話があった通り、民進党で戦うということが本当にいいのかという問題提起もありましたんで、それらを踏まえた私ども執行部としては丁寧に議論を重ねながら、ご意見を頂きながら、その時点でどういう決断をするかということを決めていかざるをえないということになろうと思いますので、今、その質問に対して明快なお答えを申し上げる時点ではないと思っていますので、そう遠くない時期に、一定の方向が出されると思いますんで、その時点でそれは明らかになると思います」

記者「それは否定をされないという理解でよろしいんでしょうか。先程おっしゃった決断をすることの選択肢の一つに入ってくる・・・」

増子「否定をしないということではなくて、様々なご意見をいま、伺っている最中であるということでございますので、否定も肯定も、今の時点ではすべきではないというふうに思っています
 


 

※画像は民進党動画より。
関連URL:【YouTube】民進党・増子幹事長記者会見 2017年12月6日

メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。転載希望はお問い合わせください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

民進党はどうすべきだと思う?

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP