171212-002arita

民進党に離党届提出した有田芳生議員「解放感に浸っているところ」「解放感でいっぱいです」

LINEで送る
Pocket

 
12月11日に民進党に離党届を提出した有田芳生参議院議員が、Twitterで「解放感」という言葉を用いて心境を綴っています。

有田議員は自身の離党届提出を伝えるメディア報道をTwitterでいくつも紹介する中で12月11日の夜、「離党届けを出して、いま解放感に浸っているところです」。また12日未明にも「解放感でいっぱいです」と繰り返しており、民進党での活動が制約されたものであった可能性を窺わせています。

離党届提出を支持者に伝えるツイートの中で有田議員は「熟慮した結論です」と理解を求めるとともに「離党が認められた段階で、立憲民主党に入党届を出すつもりです」と今後に触れており、現状について「いわば『弾込め』の時間」と表現していますが、充実感が感じられる有田議員に対し民進党はといえば遂に解党論が一斉に報じられるなど苦境に陥っていることから、有田議員の離党届提出は民進党崩壊を象徴する出来事の一つとしても注目を集めているようです。

2度に渡って「解放感」と語った有田議員に対しては「立憲民主党で更なる活躍を期待しています」「離党は英断でした」といった応援が寄せられる一方で、解放感発言については「民進党に失礼だ」といった声も見られています。

また有田議員が「弾込めの時間」と述べたことに対して「あなたの弾は外れっぱなしですよ」「弾はどこが用意してくれるの?」といった揶揄も聞かれていますが、有田議員の離党届提出は政治信条の異なる人々からも注目を集めているのは間違いないようです。
 


 

※画像は有田芳生議員の公式サイトより。
関連URL:Twitter Twitter Twitter

メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

国内でフェイクニュース大賞を選ぶならどのメディア?

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP