171213-003shasetu

巡航ミサイル導入に関し出揃った朝日・毎日・読売・産経の社説から見える姿勢の違いとは

LINEで送る
Pocket

 
防衛省が導入関連費用を追加要求した長距離巡航ミサイルに関し、12月13日に読売、朝日、産経新聞がそれぞれ社説でこれを取扱い、前日の毎日新聞と合わせ4紙が出揃った形ですが、主張の違いが鮮明となっています。

巡航ミサイル導入については毎日新聞が社説で「軍備増強は北朝鮮だけでなく中国も刺激する」と周辺国に配慮すべきだとの意見を明らかにしていましたが(関連記事)、こうした姿勢は朝日新聞でも顕著で、「周辺国の警戒を招き、かえって地域の安定を損ねる恐れがある」と警鐘を鳴らしています。

一方、読売・産経は逆の立場で、中国や北朝鮮への配慮ではなくこれらを脅威と捉えた論調。

読売新聞「北朝鮮や中国の軍備増強が進む中、自衛隊が離島やイージス艦を防衛するうえで、こうした能力の保持は急務だ」
産経新聞「中国や北朝鮮の脅威を眼前にしてなお、自衛隊の手足を縛る「専守防衛」にこだわりたいのか」

こうした違いは敵基地攻撃能力の保有への立場からも鮮明で、朝日が「敵基地攻撃能力の保有に向けた大きな一歩となりかねない」、また毎日が「敵基地攻撃能力の保有にもつながる」と懸念を示しているのに対し、読売は「あえて全否定する必要はあるまい」産経も「『敵基地攻撃能力』へと発展させることが可能であり、そうすべきだ」と肯定的です。

また、専守防衛の範囲内かどうかという観点でも違いは明確です。朝日「専守防衛の枠を超えると言うほかない」毎日「『専守防衛』との整合性が見えにくくなる」産経「『専守防衛』にこだわりたいのか」読売「(憲法上問題だと)批判するのは的外れだ」という形。

更に巡航ミサイルが過剰装備かどうかとの観点でも朝日・毎日が「これほど長射程のミサイルが(中略)不可欠とはいえない」「離島防衛を超える能力を持つ装備」と否定的であるのに対し産経は「これまで装備していなかった方がおかしい」と指摘しています。

社説のタイトルからこうした違いが既に浮き彫りとなっていますが、各社の姿勢を際立たせる結果になったと言えそうです。

朝日新聞「巡航ミサイル 専守防衛の枠を超える」
毎日新聞「自衛隊の巡航ミサイル導入 専守防衛の境界がかすむ」
読売新聞「巡航ミサイル 抑止力向上へ着実に導入せよ」
産経新聞「長距離巡航ミサイルの導入、「座して死を待つ」避け、国民守るために欠かせない」
 


 

関連URL:【朝日新聞】(社説)巡航ミサイル 専守防衛の枠を超える 【毎日新聞】自衛隊の巡航ミサイル導入 専守防衛の境界がかすむ 【読売新聞】巡航ミサイル 抑止力向上へ着実に導入せよ 【産経ニュース】長距離巡航ミサイルの導入、「座して死を待つ」避け、国民守るために欠かせない

メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

国内でフェイクニュース大賞を選ぶならどのメディア?

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP