171214-004yamada

自民・山田宏議員が「南京攻略戦はあったが南京『虐殺』はなかったとする理由」をTwitterに投稿

LINEで送る
Pocket

 
自民党の山田宏参議院議員が12月14日、Twitterで「南京虐殺はなかった」とする立場からの投稿を行っています。

「南京『虐殺』はなかったとする理由」

山田議員は「私が南京攻略戦はあったが、南京『虐殺』はなかったとする理由」としていくつかの点を挙げ、早速反響を呼んでいるようです。

それによると山田議員はまず、当時の南京では南京攻略戦前の1ヶ月後の人口が20万から25万人に増加していたと指摘、「虐殺が行われていれば増えるはずがない」と疑問視。

続けて南京攻略戦前月からの1年間で国民党は300回外国人記者会見を行っていたが一度も虐殺事件には言及していなかった、南京駐在の欧米記者による虐殺記事がない、南京攻略戦に参加した日本兵や当時南京にいた日本人からの虐殺証言がゼロである、証拠とされるものが全て中国側の証言と写真ばかり、といった点に言及し「虐殺があれば大宣伝するのが中国なのに」と述べています。

他にも南京虐殺なる報告を行っていた宣教師や記者が国民党顧問であったか援助を受けていた、また当時の埋葬記録を「捏造」と断じており、支持者からは投稿を歓迎するコメントが目立っているようです。

1937年12月とされる南京事件から今年が80年にあたることから、中国では12月13日に習近平国家主席も出席のもと追悼式典が行われ日本を非難する演説もあったとされていますが、日本でも山田議員や稲田朋美元防衛相らが12月13日に集会を開き、山田議員はここで「内閣に歴史情報室を作り反証すべきだ」と主張したと報じられています。

山田宏議員の発言

山田「私が南京攻略戦はあったが、南京「虐殺」はなかったとする理由。①当時の南京安全区国際委員会の報告(中国国民党監修)では、南京攻略戦前と1カ月後の人口が20万から25万人に増加していること。虐殺が行われていれば増えるはずがない。」

山田「②「国民党中央宣伝部国際宣伝処工作概要1938?1941」によると、南京攻略戦の12/13の前1937年11月から1年間に、国民党はほぼ毎日の300回にわたって、外国人記者会見を行っているが、一度も虐殺事件に言及していないこと。虐殺があれば大宣伝するのが中国なのに。」

山田「③当時沢山いた南京駐在欧米記者の虐殺の記事がないこと。目を引くのは、ニューヨークタイムズ紙とタイムズ紙が、1938年1月28日から連続4日間「日本兵による米国大使館員平手打ち事件」を大々的に取り上げた事くらい。「平手打ち事件」でも大ニュースになるのだから、虐殺などなかった。」

山田「④「南京虐殺」なるものを報告した宣教師ベイツやフィッチ、また著書に書いたティンパーリ記者(上海にいて南京にはいなかった)は、国民党顧問であったか、国民党からの資金など何らかの物心両面の援助を受けていたことが明らかになっている事。つまり国民党の宣伝に一翼を担っていた。」

山田「⑤南京攻略戦に参加した日本兵や、当時南京にいた日本人からの虐殺証言はゼロである事。軍が箝口令を引いたミッドウェー敗戦すらすぐ漏れていたのにだ。むしろ河村名古屋市長のお父上のように、南京市民とはとても和やかな状況で、かの朝日新聞も南京市民と日本兵の微笑ましい記事ばかりだ。」

山田「⑥「南京虐殺」の証拠とされるものは、全て中国側の証言と写真なるものばかり。証言には裏付け証拠は何もなく(慰安婦証言と同じ)、写真については東中野修道先生の綿密な調査で、偽造写真か、南京以外の戦争写真か、馬賊の写真であることが明らかになっている。」

山田「⑦中国が東京裁判に提出した、当時の埋葬団体紅卍会4万人と崇善堂11万人の埋葬記録について。崇善堂は当時埋葬活動をしていなかった事実が中国側の明らかになっていて、捏造記録である。」

山田「また、紅卍会が南京城内で処理した死体数は1793体と記されているが、これは当時(1938年4月)の大阪朝日新聞南鮮版の報道記事にある死体処理数1793体とピタリと一致し、日本軍の南京入城後に存在した死体数(戦闘によるものか、巻き込まれたものかはわからない)として信頼おける数字。これが南京の真実。」
 


 

関連URL:【産経ニュース】「南京戦の真実を追求する会」が集会 稲田朋美元防衛相らが講演「いわれなき非難に断固反論する」 Twitter Twitter Twitter Twitter Twitter Twitter Twitter Twitter

メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

官邸前抗議活動への警察警備は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP