171227-002matsui

維新・松井一郎代表が蓮舫議員の民進党離党に呆れ「ほんの3ヶ月前まで代表だった人が。意味不明」

LINEで送る
Pocket

 
立憲民主党への入党が報じられた蓮舫議員に対して、日本維新の会・松井一郎代表が「意味不明」と呆れています。

これは12月26日に蓮舫議員の立憲入りを報じた朝日新聞の記事の中で、民進党を離党するに至った経緯として蓮舫議員が「民進執行部に対して、『大義である掲げる旗、政策がない』と反発していた」と記述されている点を捉えて松井代表がTwitterでこのように述べているというもの。

松井「ほんの3ヶ月前まで、民進党の代表だった人が、大義がない政策が無いって!意味不明。」

この指摘に対しては蓮舫議員が最近まで民進党の代表であったことから、党の迷走に責任があるのではないかと考える人々を中心に同意するという声が相次いでいます。

蓮舫議員は12月26日の夜、自身の公式サイトで文書を公開(関連記事)、民進党の現状について「私が提案してきた民進党は何を実現するために集った政党なのか、政策を前面に掲げられなかったことが残念です」と語るなど努力を尽くしてきたとのスタンスを崩していませんが、共感は得られていないようです。

松井代表が流したツイートは12月27日午前までに1,200回以上リツイートされており、2,500回近くのいいねがつけられています。

「大義ある政策を打ち出せる立場だった人なのにね」
「民主党系の議員なんて皆そんなもんですよ」
「党を移ってもガラクタはガラクタに過ぎない」
「蓮舫が代表やるような政党じゃ崩壊して当然」
「すっかり他人事のようだ。呆れ果てる」
「この人達に自省って言葉はありませんから」
「蓮舫なんて所詮思いつきで政治やってるだけでしょ」
「そもそもこいつらに政策があったのか?」
「文句を言うだけの議員って感じだからなぁ」
「結局泥舟にいたくないってだけ。自分が泥舟にしたくせに」
「船長が船員残して逃げるのと同じ。本当に蓮舫は見苦しい」
 


 

関連URL:Twitter

メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

国内でフェイクニュース大賞を選ぶならどのメディア?

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP