180108-002koike

共産党・小池晃書記局長が在日外国人への地方参政権付与に意欲

LINEで送る
Pocket

 
共産党の小池晃書記局長が在日外国人への地方参政権付与について「具体的に進めたい」「待ったなし」と意欲を示しています。

これは「民団新聞」が新年に公開した「韓日友好どう進める…日本与野党3氏に聞く」の中で日韓議員連盟会長の自民党・額賀福志郎議員や社民党の福島みずほ議員と共に考えを述べている小池書記局長が語っているもの。

小池書記局長は「過去の侵略の歴史…真摯に向き合う必要」というタイトルで日韓の交流について「日本側は過去の歴史に真摯に向き合って」「痛みの深さを、日本側がしっかり踏まえることが必要だ」と日本側が配慮すべきだとの立場から「日本の政治が過去の歴史に向き合っていない」と指摘、安倍首相の「戦後70年談話」について「日本が過去の歴史に責任を負っているという反省が欠落している」と批判。

更にヘイトスピーチに言及した後に、在日外国人への地方参政権付与について「待ったなし」「具体的に進めたい」と主張しています。

小池「過去の歴史をふまえ、日本国憲法が謳う地方自治の精神に照らし、世界の潮流をみれば、地域社会の一員である永住外国人に地方参政権の付与は当然だ。」

小池「地方参政権の問題は「待ったなし」の問題だと思う。この間の日韓・韓日議員連盟の総会でも「日本側が実現に向けて一層努力する」と確認している。超党派で実現させる必要がある。」
 

永住外国人への地方参政権に賛成?反対?

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

 

 

※画像は小池晃書記局長の公式サイトより。
関連URL:【MINDAN】韓日友好どう進める…日本与野党3氏に聞く

メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

官邸前抗議活動への警察警備は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP