180112-004mainichi

毎日新聞「安倍首相は平昌五輪開会式に出席した方がいい」社説で

LINEで送る
Pocket

 
毎日新聞が1月12日の社説で安倍首相に対し平昌五輪開会式に出席するべきだ、と主張しています。

毎日新聞では「平昌五輪開会式と首相 むしろ出席した方がいい」というストレートなタイトルで出席すべきではないという空気が広まっている現状に反発しています。

日韓合意に関して韓国政府が日本に対し自発的な謝罪を求めていることについて、まったく受け入れられないとする日本政府の立場は理解できる、としながらも「『平和の祭典』に政治的な対立を持ち込むことには慎重であるべきだ」と語る毎日新聞はもし安倍首相が欠席した場合「日韓の冷え込みを内外に強く印象付ける」「日韓の離反が鮮明になれば北朝鮮を利するだけ」という観点から出席すべきだ、と主張。

更に安倍首相が開会式に出席することで「韓国に対する立場を強めることができるのではないか」との考えを示し、慰安婦問題と五輪を切り分ける冷静な外交姿勢をアピールすることにもなる、と述べています。

しかし、この社説は共感を得られてはいないようです。というのも「『平和の祭典』に政治的な対立を持ち込むことには慎重であるべきだ」との論を展開しているにも関わらず出席すべき理由として五輪の政治利用とも言える点を並べているからです。

毎日新聞は安倍首相の開会式出席で「韓国に対する立場を強めることができるのではないか」「分断を狙う北朝鮮に対し、日韓協調を示すことができるだろう」としている他、4年前のソチ五輪で欧米首脳が開会式出席を見送る中、首相が対露関係の姿勢から出席していたことを「外交には国益を重視する戦略性があっていい」と評価しています。

慰安婦問題における日韓合意について韓国が示した新方針に照らせば出席すべきではない、と考える人が多い中、こうした論調で「出席すべき」と社説で展開した毎日新聞に対しては首を傾げる声が相次いでおり、「韓国の新聞かと思った」「状況判断すら出来ないの?」「北朝鮮と一緒に政治利用しているのは韓国の方だろう」「出席したら韓国に間違ったメッセージを送ることになる」といった批判が多く見られています。

毎日新聞は1月11日の社説でも日韓合意に関する韓国の新方針について「真摯に向き合う態度を取り続け、国家としての道義を示すことが求められよう」「感情的対立を再燃させず、安保など他分野での協力を進めていくことが大切だ」と日本側に配慮するよう求めていました(関連記事)。
 


 

関連URL:【毎日新聞】平昌五輪開会式と首相 むしろ出席した方がいい

メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

官邸前抗議活動への警察警備は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP