180113-002nikai

自民党・二階俊博幹事長が派閥の比較に不快感示す「数が倍でも力が倍あるとは」

LINEで送る
Pocket

 
1月12日のBSフジ「プライムニュース」に出演した自民党の二階俊博幹事長が、派閥に所属する議員の数による力について色をなして不快感を示す場面がありました。

この日は「総力展望『自民2018』」というテーマで二階幹事長の他、元幹事長の古賀誠氏、そして時事通信社特別解説委員の田崎史郎氏が出演、政界を巡る様々な話題について議論していました。

問題の場面は自民党総裁選における各候補者達の動きについて意見を交わしていた際に訪れていました。現在名前の出ている候補者について一通り触れた後、岸田文雄政調会長に関しては考えどころだ、との見解を示す田崎氏。

その理由として挙げたのは次の総裁選に出馬せず安倍首相の支持に回れば、次の次の総裁選で安倍首相側から支援を得られる可能性があるためだ、と指摘する田崎氏は「次の次」の総裁選の時には安倍首相がかなりの影響力を持っているだろうと予測、「細田派は90で最大派閥ですよ。二階派の倍くらい」と説明したのです。

すると二階幹事長がこれに反応、「数は倍あっても力が倍あるとは」と不快感を露わにして反発、自身と派閥の持つ力に数ほどの差はない、との考えであることを窺わせていました。

田崎「現在はやっぱり細田派がやっぱり90で最大派閥ですよ。まぁ二階派の倍くらいですかね。ええ。だからそれだけの大きな力を今度は安倍さんが持つようになりますから、そういう意味では今回安倍さんと戦うかどうかは、次を目指す人にとってはひとつ大きな選択ですよこれは」

二階「まぁどっちでもいいことだけど、数は倍あっても、(田崎氏を指差して)力が倍あるとは。それは、困るよ(少し笑って頷く)」
 


 

※画像は番組より。
関連URL:【プライムニュース】2018/01/12 『総力展望「自民2018」 “安倍1強”と総裁選』

メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

官邸前抗議活動への警察警備は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP