180123-005hatoyama

鳩山由紀夫元首相「相手が許すまで謝罪の気持ちを持つべきだ」日韓合意で

LINEで送る
Pocket

 
鳩山由紀夫元首相が1月23日、慰安婦問題における日韓合意について韓国側の対応に理解を示し「相手が許すまで謝罪の気持ちを持つべきだ」などと語っています。

これは1月23日の午前、Twitterを更新して韓国側が日本に対し心のこもった謝罪を望む、などと要求している点について「どこが問題か」「過ちを犯した側は相手が許すまで謝罪の気持ちを持つべきだ」などと語っているというもの。

鳩山元首相はまた、2015年末の日韓合意における「最終的かつ不可逆的な解決」の部分を取り上げて「合意をするべきではなかった」「謝ったから二度と謝らないからな、と言う意味を持つ合意をなぜ韓国政府が呑んだのか」と疑問を呈すとともに「韓国の国民が怒るのは当然ではないか」とも述べており、韓国寄りの姿勢を鮮明にしています。

鳩山「従軍慰安婦問題の最大の問題は、2年前韓国側が「最終的かつ不可逆的に解決した」などという合意をするべきでなかったことだ。謝ったから二度と謝らないからな、と言う意味を持つ合意をなぜ韓国政府が呑んだのか。韓国の国民が怒るのは当然ではないか。当時からこんな合意がもつはずないと思っていた。」

ツイートに対しては「完全に韓国の目線じゃないか」「元首相として日本人の立場で語ってもらいたい」といった意見の他、「首相が安倍さんでよかった」という比較、また「それならあなたの総理大臣時代を日本人が許すまで謝り続けて欲しい」といった辛辣なコメントも見られています。

2017年5月にも「日本はあくまでも迷惑をかけた側であることを忘れてはならない」とTwitterで語り強い批判を浴びていた鳩山元首相ですが(関連記事)、7月にも米国による北朝鮮への軍事行動に懸念を示す中で「米国が北に軍事行動したら、韓国と日本に大量の死者が出る」と韓国を日本より先に表記していました。
 


 

関連URL:Twitter Twitter Twitter

メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

官邸前抗議活動への警察警備は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP