180129-008abe

安倍首相が「再び」国会で朝日新聞批判「事実であるかのように報道した」森友学園問題で

LINEで送る
Pocket

 
1月29日の衆議院予算委員会で、森友学園問題に関する質疑から安倍首相が朝日新聞の報道を批判する場面がありました。

安倍首相が「再び」朝日新聞報道批判

これは立憲民主党の川内博史議員への質疑の中で「安倍晋三記念小学校」に関する朝日新聞記事を「それを前提にそれが事実であるかのように報道をした」と非難したというもの。

川内議員は森友学園問題について「特例4連発」だと指摘、「これを偶然と言うなら1兆7,104億4,047万6,128分の1という確率になる」という点から追及しましたが、安倍首相はこのうちの瑕疵担保責任免除特約について国側に有利な特約だったとの見解を示すと共に「当時の近財局長も理財局長も私の妻が名誉校長をやっているということは知らなかった」と答弁、問題はなかったとの認識を示すと、忖度の根拠の一つとされていた点が事実ではなかったことを示す例として朝日新聞の報道に言及。

小学校の設置趣意書に「開成小学校」と書かれていたにも関わらずこれを「安倍晋三記念小学校」として申請したと述べた籠池前理事長の言葉を朝日新聞が「事実であるかのように報道」したと指摘、「安倍晋三記念小学校ということは全くのウソだった」と厳しく批判していました。

安倍首相は「安倍晋三記念小学校」の朝日新聞報道について2017年11月28日の衆議院予算委員会でも触れており、「朝日新聞は大きく報道し、それを元に民進党の方々もこれを事実としてずっと私を国会で追及してきた」と述べていましたが(関連記事)、今回は「落選されてしまいましたが福島(伸享)委員がですね」と一歩踏み込んでおり、「安倍晋三記念小学校」報道を巡る経緯への不快感の強さを感じさせています。

朝日新聞は11月25日に「森友の設置趣意書を開示 小学校名は『開成小学校』」と改めて伝えていましたが当時強い批判が寄せられていました(関連記事)。

またこの件については「安倍晋三記念小学校」ではなく「開成小学校」であったことを知りうる立場にあった筈の財務省が何故報道当時、抗議しなかったのかという点についても自民党の義家弘介議員の質疑によって明らかになっています(関連記事)。

安倍晋三首相の発言

安倍「私の妻がですね、名誉校長を一時引き受けたことがですね、国民の皆様から疑いを持たれた。これはやむを得ないと、こう思っております。ただ、今、・・・・批判を頂いたことはやむを得ないというふうに言っているわけであります。

で、そこでですね、そこで、今川内さんが特例4連発とおっしゃったわけでございますが、ご指摘の事項のうち瑕疵担保責任免除特約と言うのはですね、損害賠償請求がされる恐れのある中で、将来に渡る国の一切の責任を免除するわけですから、国としてはこれを獲得するということはですね、いわば大変有利な条件を取ったということで、これ逆なんですね。いわば、全く森友側にとってはですね、何かたくさんゴミが出てきても、請求できないわけでございまして、近くの土地にはですね、瑕疵担保責任の特約を国が取っていなかったがためにですね、約14億円近くのゴミが出てきてですね、出てきていわばこれ支払価格を大幅にうわまわる損害賠償をされるという事例も発生もしているわけでありますから、いわば、森友学園側に有利な特約という意味でおっしゃっているのであればそれは違うのではないかと、この瑕疵担保責任特約というのはこれは大きな国側としてはですね特約を取ったと、まぁ常識的にはそういうことではないかと、こう思う次第でございます。

それと、当時の近財局長もですね、理財局長も私の妻がですね、妻が名誉校長をやっているということは知らなかったということはこの委員会でですね、これは参考人として既にお答えをしていると、こう思う次第でございます。

で、そうした議論の中でですね、御党の、落選されてしまいましたが福島委員がですね、籠池氏がですね、例えば朝日新聞のインタビューに答えて、小学校の申請において安倍晋三記念小学校と申請したと、こう述べたと。朝日新聞はそれを前提にそれが事実であるかのように報道をしまして、他の報道もそうされました。安倍晋三記念小学校という名前で、当然これ申請されてるんだからみんながそう思うだろうということで追及をされました。

私は黒塗りしか見ておりませんから、私は答えようがなかったわけでありますが、実際はですね、それは開成小学校ということであったわけでありまして、全く違ったわけであります。で、籠池氏はですね、そのコピーは持っているはずでありますから、自分が言ってることは違うということはわかって出していたわけでありますし、また黒塗りのですね、スペースを見ればですね、安倍晋三記念小学校という長さとは違うということは明らかでありますが、明らかであるにも関わらず報道されですね、そしてこの委員会でもそれを前提に議論がなされたことによってですね、これは当然疑惑はこれはいわば広がるということにもなったんだろうと、こう思うわけでありますが、しかし、前提となる、前提となるですね、この申込書においてはですね、安倍晋三記念小学校ということは、これはまさに全くのウソであったわけでありまして、開成小学校であったわけであります。つまり最初はこれを根拠にですね、忖度されたのではないかと言うことを私は質問されたのでございますが、そうではなかったということは申し上げておきたいと、このように思います」

委員長「総理、福島さんは希望から出られ・・・・」

安倍「あ、すいませんあの、いろいろ政党が出来たもんですから、えー、間違えました。前身では同じだったということでございますね」

川内「総理丁寧に有難うございます。そんなちっちゃなことは私気にしませんので大丈夫ですよ(議場から笑い)大丈夫です。いや、それでですね、(以下略)」
 


 


メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

ツーショット写真巡る小西洋之議員vs河野太郎外相の対立、支持するのはどちら

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP