180208-006suga

東京新聞女性記者が名護市長選についての「演説」に呆れた菅長官に苦言「笑うところではない」

LINEで送る
Pocket

 
2月8日の菅官房長官会見で、名護市長選挙の結果について「明確に簡潔に」「質問に移って」と注意されながらも「演説」し政府の見解を質した東京新聞の女性記者が、呆れたように笑みを浮かべた菅長官に対し「笑うところではないと思います」と注意する場面がありました。

「笑うところではないと思います」

この日、女性記者はまず米国による北朝鮮への追加制裁について「20万人の子供たちが栄養失調に直面している」と指摘し、追加制裁を疑問視する観点から政府の受け止めを尋ねましたが、菅長官は「米国が発表したこと」「日米韓がしっかり連携して圧力を最大限まで高めていく必要がある」と動じません。

すると女性記者は次に名護市長選の結果を取り上げ、「選挙戦では辺野古のへの字も言うなとか」「米軍再編交付金の新たな交付も」などいつも通り政府に批判的な立場から「基地反対の市民や県民の意向が全く政府に顧みられなかった」などと述べ、県民や市民の思いに寄り添った判断が行われていなかったと感じる、見解を、と追及しようとします。

女性記者の質問は「質問に移って下さい」「要点を明確に簡潔にお願いします」「質問に移って下さい」と何度もアナウンスが流れるほどで、演説のようでもあったためか菅長官が呆れたように笑みを浮かべると女性記者が「笑うところではないと思います」と不快感を露わにする場面も。

結局菅長官からは「選挙は結果が全てであります」とはねつけられた上、「相手候補は必死に埋め立て阻止を訴えたんじゃないでしょうか」と逆に皮肉を呈された形で、今回の質問は終了していました。

度々叱責されるこの女性記者は菅長官に対し逆に苦言を呈したことも過去にあり、最近では12月22日に挙手しても会見を打ち切られる、と不満をぶつけましたが菅長官から「運営は記者会」「そちらで話し合って」とかわされていました(関連記事)。

また2017年9月には官邸が東京新聞に対し注意文書を送付していたことによって「私への誹謗中傷が進んでいる」「政府としてはどう受け止めているのか」と質し話題になったことが知られています(関連記事)。

菅官房長官と東京新聞女性記者の発言

記者「昨日、首相とペンス氏の会談の中で、ペンス副大統領が北朝鮮に対しては更に厳しい追加制裁を発表する意向を示しております。これに関連しまして先月、国連のユニセフがですね、北朝鮮の約20万人の子どもたちが食糧不足による栄養失調状態に直面しているということを明らかにしております。4割が栄養失調という深刻な食糧事情に加えまして今回の続いているこの制裁に伴う・・・」

アナウンス「質問は要点を明確にして簡潔にお願いします

記者「不足によって衛生状態や医療環境が非常に悪化していると、当局者の方達は立場の弱い子どもたちにしわ寄せが及んでいるという、発表をされております。この点を踏まえましてですね、追加制裁の必要性を、まぁ日本政府としても容認という意向なんでしょうが、一方で、このような子どもたちにも被害が出ている現状を政府がどう受け止めているかお聞かせ下さい」

菅「その制裁は昨日、米国が発表したことじゃないでしょうか。米国の発表にですね、我が国としてはコメントすることは控えるべきだというふうに思います。いずれにしろ我が国としては、核武装した北朝鮮は決して受け入れられない。そうした認識のもとに北朝鮮に政策を変更させ、核ミサイル計画を放棄させる日米、日米韓しっかり連携して、あらゆる方法で圧力を最大限まで高めていく必要がある。このことを昨日再確認をしたということであります。それが全てです」

アナウンス「この後の日程ありますので次最後でお願いします

記者「じゃあ、もうちょっと追加したいんですが1点だけにします。沖縄の渡具知氏の選挙に関してです。この選挙あの、選挙直前の共同通信等々の調査では、66%がですね、やはり基地に関しては移転に反対だという思いがありながらも選挙戦の結果はやはり3,000票の差で基地容認派の渡具知氏が選ばれるという結果になりました。選挙戦では辺野古のへの字も言うなとかですね、それから米軍再編交付金の新たな交付ということも渡具知氏が再選された際には、政府としては執行を考えてると・・・」

アナウンス「質問に移って下さい

記者「発しておりました。多くの方々が、報道でわかってると思いますがですね、渡具知に投票した方々の声として、翁長さんが10万票の差で選挙で選ばれ、その後基地反対派の稲嶺市長が2回に渡って選ばれたにも関わらず・・・」

アナウンス「質問は要点を明確にし簡潔にお願いします

記者「基地反対の市民や県民の意向というのが全く政府には顧みられなかったと。裁判の結果にもとづいてですね、護岸の埋立工事が進んだことで、どうせ反対してもこのように工事が進むのなら、もうどのみちしょうがない、結果として消極的ではありますが、だったら・・・」

アナウンス「質問に移って下さい

記者「生活を豊かにしてほしいと(菅官房長官、呆れたように笑みを見せる)いう思いで投票したという声がたくさん、報道でも出ておりました。あの、笑うところではないと思います。このですね、県民に寄り添った、市民の思いにこれまで寄り添った判断というのが、行われていなかったのではないかと、選挙の結果を見ても感じられます。この点について、政府としてのご見解を再度お聞かせ下さい」

菅「選挙は結果が全てであります。そして、相手候補は必死に埋め立て阻止を訴えたんじゃないでしょうか。住民の皆さんが選ぶのが民主主義の原点がこの選挙であります。以上です

アナウンス「はい、ありがとうございました」
 


 


メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

ツーショット写真巡る小西洋之議員vs河野太郎外相の対立、支持するのはどちら

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP