180208-010suematsu

立憲・末松義規議員が米核態勢見直しに「小野寺防衛相が小型核兵器でやってくれと言ったのか」

LINEで送る
Pocket

 
2月8日の衆議院予算委員会で、立憲民主党の末松義規議員が北朝鮮問題に関連して河野太郎外相に対し米国が先制攻撃に及んだ際のシナリオについて質問、「手の内を明かす答弁は差し控えたい」と拒否された上、その後小野寺防衛相に対して米国が小型核兵器の利用に言及した核態勢の変更は「小型核兵器で(北朝鮮を)やってくれと言ったのか」などと尋ね否定される場面がありました。

先制攻撃時のシナリオ質し「手の内明かせない」

末松議員は北朝鮮問題に関連した日本の防衛体制について迎撃ミサイルやJアラートについて批判的な観点から質問した後に、北朝鮮を暴発させないことが外交上、極めて重要だと前置きした上で、それでも米国が先制攻撃に踏み切った場合、その際のシナリオは政府で考えられているのか、と河野外相に質問。

答えられるはずもない河野外相は「手の内を明かすような答弁は差し控えたい」と答えましたが、末松議員は納得しません。「そう言われると国会議員も国民も、何も検討してないのかおかしいよね」ということになる、と指摘し再度「もう一度丁寧な説明を」と求めます。

河野外相は「手の内を明かすような答弁は差し控えたい」と繰り返しただけでしたが、末松議員の質問は米国が北朝鮮を先制攻撃した際のシナリオを国会の場で公にしろ、と求めたことになるだけに、河野外相が答えると思っていたのだとすれば疑問の声も出そうです。

しかし、末松議員の「独特な」質問はこれだけではありませんでした。米国が小型核兵器の利用に言及した核態勢の見直しについて末松議員は、北朝鮮を先制攻撃した際に北朝鮮側に余力があれば報復される可能性もある、とした上で、こうした展開を防止するために「小野寺防衛大臣からナイショでアメリカに撃ち漏らさないよう小型核兵器でやってくれ」と言ったのか、と疑いの目を向けたのです。

この質問に対しては流石に小野寺防衛相も「基本的に相手国とのやり取りを言うことはないんですが」と前置きした上で「そんなことはありません」と否定。

こうしたやり取りが影響したのか、河野外相はその後末松議員に対し明らかに怒気を含んだ大きな声で「ご質問の意図がまったくわからないんですが」と語るシーンも見られていました。

末松義規議員の発言

末松「北朝鮮を暴発させない、ということは極めて外交上、重要だと思うわけです。で、第4点目にですね、いま私が申しあげた、じゃあ、そういったことがないように、アメリカを中心にですねぇ、先制攻撃をやる、この事態。これをですね、考えた場合なんですけども、まぁトランプ大統領がテーブルの上に全ての選択肢があると。軍事オプション含めて、やるんだという、脅しなのかもしれませんし、半ば事実かもしれません。まぁ今日、河野外務大臣も来られてますけども、これについてトランプ大統領のこの言明を高く評価するという話をされてますけど、こういう時にもしアメリカがですね、先制攻撃をやったというときの何かシナリオ、みたいなものは政府で考えられてますか

河野「この北朝鮮情勢について日米で緊密に日頃から連携しておりますが、手の内を明かすような答弁は差し控えたいと思います

末松「まぁ結局、まぁそういう言われるとですね、我々国会議員も、えーああそうですかと、国民の方も何も、まぁ政府のねぇ、仰ることしか、何も検討もされてないのかと、まぁこうやっぱり、そこおかしいよねと。で、実はこの軍事オプションについては日本がやるというよりも、アメリカの手の内にあります。決定権はアメリカにあるんですねぇ。そういったときに、やっぱりそこは非常に我が国としても大きな影響を受けるわけですから、外務大臣もう一度ですね、丁寧な説明をやって頂けますか?

河野「北朝鮮情勢については日米で日頃から緊密に連携をしておりますが、手の内を明かすような答弁は差し控えたいと思います

(中略)

末松「(北朝鮮への先制攻撃について)トランプ大統領が攻撃をして、パーフェクトな攻撃をやってもらわないと、これはもし、それで北朝鮮に余力があって、報復をするというような事態、これも当然考えられなくはありません。そうした時に、日本に、先程言った、ノドンが数百発あると、それも核弾頭を積んでるやつがあるという話になると、これまたとんでもないことになるわけです。そこでですね、私思うんですけど、この前、NPRですねぇ、アメリカの核体制の変更ということで、2010年に続いて2018年今年ですね、つい最近、トランプ大統領が、言ったのがですねぇ、小型の核兵器で、やるという、こういうですね、核兵器の使用を柔軟化させて、そのハードルを下げていくという、こういうことがございました。なんかこう、そうなると、北朝鮮で、先制攻撃をやる時に、撃ち損じないように、えー、この、小型核兵器を使うような、時期的に見てそういうですね、印象も私、受けちゃうんですけども、小野寺防衛大臣からですねぇ、内緒でですよ?アメリカの方にですねぇ、これ、撃ち漏らさないように、小型核兵器でやってくれと、こういうことを、ウフ、言ったことはないですよねぇ?

小野寺「基本的に相手国の間での様々なやり取りについては対外的に言うことはないんですが、この問題については少なくとも明確に否定しておいたほうがいいと思いますんで、そんなことはありません
 


 


メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

ツーショット写真巡る小西洋之議員vs河野太郎外相の対立、支持するのはどちら

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP