180209-007sakurai

民進党・桜井充議員「元をただせば忖度された総理や奥さんに問題がある」森友問題で

LINEで送る
Pocket

 
2月9日に森友学園への国有地売却問題に関連した文書を財務省が新たに20件、国会に提出した件に関連して民進党の森友・加計学園疑惑調査チームの櫻井充座長が会見し、忖度された側の安倍首相夫妻に問題があるとの見解を示していました。

忖度された総理や奥さんに問題がある

櫻井議員は国税庁の佐川長官のこれまでの答弁について「虚偽の答弁をしている可能性がある」と指摘、「きちっと出てきて頂きたい」と求めるとともに、「ただ一方で、何故そういう答弁をしなきゃいけなくなったのか」と述べ、「安倍総理や安倍昭恵夫人の思いを忖度したからそういう結果になってきている」「元をただせば総理や総理の奥さんに問題がある」として、忖度された側に問題があったとの認識を示していました。

また、安倍首相夫妻が単に忖度されただけでなく、安倍首相や昭恵夫人、関係者といった「権力の中枢側にいらっしゃる方々」が「お願いをすればモノが変わっていくような、政治が歪められていくと」と単に忖度されていただけではない可能性にも言及していました。

櫻井議員は2017年7月25日の参議院予算委員会で、当時の山本幸三担当大臣に対し「出て行け!」「出ていけよ!!」と激昂(関連記事)していた件や、12月22日の民進党「森友学園・加計学園疑惑調査チーム会合」において官僚に対し「余計な口出しすんなよ。」「さっき聞いたことに答えろよじゃあ!!」などと発言していた件(関連記事)について批判を浴びるなど言動が問題視される議員として知られています。

櫻井充議員の発言

記者「佐川さんは交渉記録だと思うんですが破棄したと言っていたと思うんですけど、それの整合性とか」

櫻井「すいません、どの文書について廃棄したということについて、すいませんが調べておりませんので、そのものについての突合せは出来ていません。あの、佐川さんには、国会に来てきちっと、彼は彼としてですね、虚偽の答弁をしてる可能性がありますから、そういう意味合いではきちっと出てきて頂きたい。そう思います。ただ一方で、なんでそういう答弁をしなきゃいけなくなったのか。財務省全体でこういうことをやらなきゃいけなくなったのかと言えば、こりゃまぁ安倍総理や安倍昭恵夫人の思いを忖度したからそういう結果になってきているので、元をただせば総理や総理の奥さんに問題があるんですから、特に総理の奥さんにはきちんと出てきて頂いてご説明をして頂きたいと、そう思います」

記者「何が一番問題で、何が一番野党として追及しなければいけない点なのか」

櫻井「問題点はいくつかあると思います。まずひとつは行政が、森友の契約の経緯から申し上げれば行政が歪められてなかったのかどうか。つまり正しい契約が結ばれたのかどうか。何故、この正しい契約が結ばれてるのか結ばれてないのかということが大事な点なのかというと、国有財産と言っていますが、これはあくまでも国民の皆さんの財産です。ですから国民の皆さんの財産が不当に安く売られるということになれば、これは国民の皆さんにとっての損失なので、この点についてまずきちっと追及していかなければならない、問題視していかなければならない、そう思っています。それから2つ目は、その過程において行政が歪められたとすると一体どういう圧力がかかってきたのか、その圧力がどなたがかけたのか、そのことについての責任はどうなっていくのかと、そのことについてきちんとやっていかなきゃいけないことと、それから3番目として、ある特定の方、特に総理なりそれから今回の件は総理の奥さんだと言われていますが、そのそういう関係者の方々、特に権力の中枢側にいらっしゃる方々が、そのお願いすればですね、モノが変わって行くような政治が歪められていくと、いうことになってくると、大きな問題だと思ってるので、この点について。そしてもうひとつは、行政側の態度として一体どうなのかと。つまり我々国民の皆さんには知る権利があります。その知る権利に対して、今までのやり方だと決して十分ではないとそう思っているので、この点について。大きく言うとそういうことです」
 


 

関連URL:【YouTube】森友・加計学園疑惑調査チーム・桜井充座長記者会見2018年2月9日

メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

官邸前抗議活動への警察警備は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP