180213-004imaimasato

安倍首相に朝日新聞批判の機会与えた希望・今井雅人議員が苛立ち「酷いですよ21分しかないのに」

LINEで送る
Pocket

 
2月13日の衆議院予算委員会で質疑に立った希望の党・今井雅人議員が安倍首相によるFacebook書き込みを取り上げたところ、安倍首相がこれ幸いと朝日新聞批判を長々と語り続け、今井議員を苛立たせる場面がありました。

安倍首相の朝日新聞批判に「酷いですよ21分しかないのに」

今井議員は森友学園問題に関する質疑の中で、安倍首相が和田政宗参議院議員のFacebookに書き込んでいた「哀れですね。朝日らしい惨めな言い訳。予想通りでした」というコメント(関連記事)を取り上げ、「こんなの見つけてビックリした」「これ総理が書かれたんですかホントに?」と質問。

すると安倍首相は「これは私が書きました」と認めた上、その後長々と朝日新聞を批判を展開したのです。自身への圧力報道や珊瑚落書き事件、吉田調書問題、それに慰安婦報道問題まで挙げてから安倍晋三記念小学校報道に関する問題のFacebook書き込みについて「検証記事を書いたにも関わらず裏付けを取らなかったことについて全く言及がなく呆れた」ことから、「今までのことをずっと見てきて予想通りだったということを述べた」と説明していました。

今井議員はその後、安倍首相の姿勢について「都合の悪いことは説明しない、自分達が間違ってることは訂正しない、でもマスコミが一度間違えたら徹底的に攻撃する、このやり方は私は許せません!」と憤っていたことから、安倍首相のFacebook書き込みを通じて政権批判に繋げたかったものと見られますが、予想外に長かった朝日新聞批判に対しては途中で「長いですよ」「委員長!長い!」「ちょっと注意して下さいよ!」とヤジを飛ばしていた他、安倍首相の答弁後にも「委員長ちょっと酷いですよ。21分しかないのに」と苛立ちを隠そうとせず、思惑通りに進んだとは言えなかったようです。

今井議員は2月6日の衆議院予算委員会で線香問題を取り上げた際には、茂木敏充経済再生担当相から「御党の幹部の方も現在、同様に説明をされていると承知している」と反撃され「今日は事実確認だけ確認させて頂きましたのでこれで終わらせて頂きたい」と語っていました(関連記事)。

安倍首相は「安倍晋三記念小学校」報道について今国会でも度々朝日新聞を批判しています(関連記事関連記事)。

安倍首相の朝日新聞批判と今井雅人議員の発言

今井「総理、私はこないだネットでニュース見てましたらこんなの見つけてビックリしたんです。これはある自民党の議員のFacebookへの書き込みですけれども、朝日新聞がまぁ、謝らない朝日新聞ってタイトルだったかな?(安倍首相のFacebook書き込みをパネルで提示)いつもおっしゃってるその、開成学園と安部晋三小学校ですか?その違いのことですけど、そのことを指摘して、『哀れですね。朝日らしい惨めな言い訳。予想通りでした。』これ総理が書かれたんですかホントに?

安倍「えーこれは私が書きました。かつてですね、私がNHKに圧力をかけた、という全くこれは、ねつ造の報道をされたことがあります。そして朝日新聞はそれを検証したんですが、私が圧力をかけたという事実を掴むことができなかったという検証だった。でも彼らが間違えたということは一度も書かない。で、私に一度も謝らない。で、かつて珊瑚礁にKYという傷をつけたのはダイバーだと書いた。でもそうではなくて、朝日のカメラマンだった。なかなか謝らなかった。しかし最後はですね、最後は責任を社長が取ったんでしょうか。そういうことが連続ですよ。そして吉田所長の吉田調書。これも最初は全然謝らなかった。自分達の正しさを主張したけれども、しかし調書そのものが出てきたらですね、そこでやっと、謝ったわけであります。そして、吉田清治の証言に至ってはですね、これは日本のまさに誇りを傷つけたわけであります。そして、今度のことについてもですね、安倍晋三記念小学校、というこれは、全く違ったわけであります。しかしこれをですね、訂正もしていないわけでありますから、まさに、これ国民の間にですね、そういう、安部晋三記念小学校だったということがですね、浸透している。しかし実際は開成小学校だった。これ黒塗りの部分、これはですね、これは籠池氏にですね、言ったことをそのまま書くのではなくて、そのまま書くのではなくてですね、その原本がある筈であります。原本があるんですからその原本にですね、あたればすぐにわかるはずであります。原本にあたるですね、記者が取るべき裏付けも全くしなかった。最低限のことをしなかったということであります。そして検証記事を書いた。で、検証記事を書いたにも関わらずですね、これは、籠池さんが言ったからそのまま書いた、ということしか書いていない。自分達がですね、果たすべき記者として最低限果たすべき裏付けを取らなかったということについて全く言及がないということについては、これで私は呆れたわけであります。でそれは、ある意味ではですね、今までのことをずっと見てきてですね、予想通りだったと、いうことを述べているところでございます

今井「委員長ちょっとひどいですよ。21分しか質問がないのに、5分もこんなことで答えられたら。もっと、いやいやもっと簡単に言って下さい。(以下略)」
 


 


メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

ツーショット写真巡る小西洋之議員vs河野太郎外相の対立、支持するのはどちら

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP