180214-004abe

安倍首相「皆さんの時の2.5倍のスピードで作ってんですよ?」子育て支援で枝野幸男代表に

LINEで送る
Pocket

 
2月14日の衆議院予算委員会で子育て支援について質問していた立憲民主党の枝野幸男代表に対して、安倍首相が「皆さんの時の2.5倍のスピード」と民主党政権を批判する場面がありました。

安倍首相「皆さんの時の2.5倍のスピードで作ってんですよ?」

これは枝野代表が子育て支援に関し無償化よりも全入化を優先すべきだ、と主張する中で、自民党が野党時代、高校授業料の無償化において「金持ちまでやる必要ないと言っていた」と指摘したことに呼応して皮肉のように語られていたもの。

枝野「高校授業料を無償化をした時にですね、金持ちまでやる必要ないじゃないか、と、国会で激しく批判をされた方がそちら側に座ってらっしゃるんじゃないかなぁということを申し上げたいと思います」

間違いなく保育所に入れるという社会が出来上がってから財政的な余裕があれば無償化にすべきだと語り安倍首相の見解を求めた枝野代表でしたが、安倍首相は「幼児教育の無償化を公約として掲げてきた」「恒久財源を確保するチャンスはそうない」という理由から消費税の引き上げに合わせて「私たちは幼児教育の無償化を一気に進めるという判断をした」と説明した後に、待機児童ゼロを後回しにしているわけではないとしてこう述べていました。

安倍「で、勿論ですね、勿論私たちは待機児童ゼロを後回しにしているわけではありません。我々が野党時代のことを仰ったから私たちも言わさせて頂ければ、皆さんの時のですね、この、受け皿づくりのスピード。2.5倍のスピードで作ってんですよ?」

これに対し枝野代表は「受け皿づくりに努力してないという批判は申し上げていません」とし、「是非申し上げておきたい」「いい方向に変えるのであれば公約を変えたからと言って公約違反だと鬼の首を取ったように追及しない」と政権追及ありきの姿勢ではないのだと強調した上で、改めて「無償化よりも全入化を優先するということで是非お願いしたい」と求めていました。

安倍首相と枝野幸男代表の発言

枝野「あの、今もおっしゃられた、社会全体で子育てを支援をするという理念は大賛成であると申し上げました。高校授業料を無償化をした時にですね、金持ちまでやる必要ないじゃないか、と、国会で激しく批判をされた方がそちら側に座ってらっしゃるんじゃないかなぁということを申し上げたいと思いますし、もし、財政に余裕があるんだったらそりゃ無償化したらいいんです。問題は、んー、待機児童の問題が先ほどの32万人で2020年度までに本当に解消するのか。先ほど来のお話の中で、潜在的待機児童、つまり申し込みすらはじめから諦めてしまっている皆さんの数は含まれていない、ということははっきりしているわけでありまして、じゃあこの人達はどうなるんだろう。32万人で足りなかった時にはどうなるんだろう、という話が間違いなく出てきます。それから、本当に保育所の整備が進めば、今は、例えばお子さん一人、保育所に入れる時に大変苦労したので、ふたりほしいと思ってたんだけど諦めた、というような話はたくさん聞きます。そうした方々が、保育所が揃えば揃うほど実は、それなら安心して子供育てること出来るよね、ということになってそもそも出生率自体、本当に受け皿整備が進んでいけば、相当上がっていくことを期待したいと、いうふうに思ってます。本当に、32万人で、足りるんですか?」

加藤厚労相「同じ答弁の繰り返しになって申し訳ないんですけれど、先程申し上げたような推計に則って32万人という数字を出させて頂いております。ただ、年度年度については、これまでもそうですけれども、それぞれの市町村からお出しになって頂いた、その数字をベースに、我々は支援をさせて頂いているということでございます。それから今お話があったように、少子化と言う意味においては、待機児童の問題というのはですね、今おっしゃるような、これから子供を持ちたいという方にとってひとつの壁であることは事実でありますから、われわれはそれも解消していきたいと思いますが、他方で子育てにあたってですね、保育料等々の負担ということも他方であるわけでありますんで、そういった負担を軽減をしていく、そうした無償化というものも少子化に資するものと、こういうふうに考えております」

枝野「あの、負担の話は、確かに、例えば、70万円以上だといろんな方がありえますから、私が手元にある港区の例だと思いますが、住民税の所得割課税額が63万以上70万円未満の方でも月に27,600円。決して安い値段ではないと思いますから、そういったものが軽減されるということは、いいことかもしれませんが、しかしそれ以上に、待機児童が出るということの方が当事者の皆さんには深刻です。そして、万が一にも自分が我が家が待機児童になってしまったら、そのご家庭、そうとう様々な意味で、人生設計が変わってしまう、狂ってしまう。時間がないのでそこまで今日詰められませんが、例えば転勤などで転居すると、元の場所では保育園に入れていたのに、新しい場所では入れないというようなケースにも対応できるように、待機児童ゼロをやらなきゃいけないと考えた時に、何故今急いで、無償化を前のめりに進めるのかと。まずは全入を徹底すると。無償化の前に全入化をということにあらゆるエネルギーを注ぎ込んで、本当に間違いなくお子さん生まれて希望すれば保育所に入れるという社会が出来上がった先で、財政的な余裕があれば、無償化ということにすべきだと思いますが、これは総理の認識を伺います」

安倍「まずですね、無償化を進めていく上においては、そもそも我が党が与党としては幼児教育の無償化ということを公約として掲げてきたわけであります。しかし、そのためには、恒久的な財源が必要であります。その恒久的な財源として、来年引き上げる消費税の引き上げ分を使うことを決めたわけであります。ですからその機会に、しっかりと恒久財源を、恒久財源をしっかりと確保するチャンスはそうないわけでありまして、だからこそ19年の消費税引き上げに合わせて、私たちは幼児教育の無償化を一気に進めるという判断をさせて頂いたところであります。で、勿論ですね、勿論私たちは待機児童ゼロを後回しにしているわけではありません。我々が野党時代のことを仰ったから私たちも言わさせて頂ければ、皆さんの時のですね、この、受け皿づくりのスピード。2.5倍のスピードで作ってんですよ?59万人分作り、そして更には32万人分とちょっと重なっておりますが、更に前倒しして32万分を作る。これはこの補正でも来年度の予算でもやっている。それをやった上において、基本的には19年度から一部入りました基本的には20年度から、この、幼児教育の無償化を進めるわけであります。既に、厚生労働大臣が答弁をしているように、今回の無償化の基本はですね、3歳から5歳でありまして、3歳から5歳の方は既に、9割以上の方が認可施設を利用できていることから、ここからはじめるわけであります。ですから0歳から2歳についてはですね、所得の低い方々に限ってということにさせて頂き、そちらの方はですね、受け皿づくりを、先行させて頂いているということであります。勿論20年度に32万人分を作ったけれどもまだ足りないという状況になればですね、更に対応していくことにはなりますが、しかし、幼児教育の無償化をしっかり進めていく。そして先行して、受け皿づくりをちゃんとやっていくというのが私たちの政策であり、この機会を逃せばですね、また更に次なる恒久財源を手に入れなければ難しいという状況に私はなってしまうのではないかと、こう考えるところであります。いずれにいたしましても、そのために、選挙を行いですね、国民の信を問うたところでございまして、選挙でお約束したことはですね、しっかりと実行していきたいとこのように考えているところでございます」

枝野「あの、受け皿づくりに努力をしてないというご批判は申し上げていません。ただ現実の様々な今日の議論の中でも、足りない可能性が寧ろ高いのではないかと危惧をしているし、当事者の皆さんからも、やはり無償化よりも全入化をという声が大変大きいと、いうことを聞いている。そうしたことを申し上げているし、恒久財源が出来た機会にって実は、受け皿整備するのにも恒久財源は必要なので、受け皿作っちゃったら恒久財源いらないのかって言ったらその受け皿の人数分だけ恒久財源いるわけですから、恒久財源をどちらに優先して使うべきかという問題ではないかと思います。その上でこれは是非申し上げておきたいと思います。私たちは、私たちはいい方向に変えるのであれば、公約を変えたからと言って公約違反だなどということで鬼の首を取ったように追及したりしません。いい方向に公約を変えるのであれば大賛成を致します。ここは、無償化よりも全入化を優先するということで、是非お願いをしたいということを申し上げて、次の質問に参りたいと思います
 


 


メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

官邸前抗議活動への警察警備は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP