180215-008aso

円高にコメント求めた海江田万里議員に麻生財務相が呆れ「G20っていうのがございましてね」

LINEで送る
Pocket

 
2月15日の衆議院予算委員会で円高が進んでいることについて麻生財務相にコメントを求めた立憲民主党の海江田万里議員が、窘められた上に「しばらく休んでられたと思いますが今でもルール変わっておりません」と皮肉のように呈される場面がありました。

麻生太郎財務相が呆れ、皮肉交じりの答弁

海江田議員は最近の円高について、菅官房長官はコメントをしたが麻生財務相はまだ一言も発していないと指摘、「どういう感想をお持ちでしょうか」と質問。

すると麻生財務相は発言が大きな影響力を持つことから「財務大臣が為替について発言したことがこれまであったでしょうか」とコメントしないことへの理解を求めましたが、海江田議員に対して「この業界に随分お長いんだと思いますが」また海江田議員が落選していたことを皮肉るかのように「しばらく休んでられたと思いますが、今でもそのルール変わっておりません」などとつけ加えたため、海江田議員は色をなして反論に転じます。

「大臣それは少し言葉が過ぎますよ?」と不快感を露わにした海江田議員は、米国の財務長官が「弱いドルは貿易面でアメリカの利益になる」と発言したではないか、また麻生財務相自身もこれまで急激な為替が一本の方向に揺れるのは許されないなどと発言したことがあるではないか、と述べ「そういうこと言ってるじゃないですか!」「全く発言しないんですか一言も無いんですかそんなことないじゃないですか!」と強気に迫り再度コメントを要求。

しかし麻生財務相は余裕の表情のまま「あのぅ、G20っていうのが最近ございましてねぇ?G7っていうのも、昔からあります」と諭すように話し始めると「財務大臣間の発言はG20やG7のラインに沿って発言するというルールになっております」と再度説明、その後海江田議員の主張を切り崩しにかかります。

米国の財務長官の発言については「すぐその後訂正しておりますでしょ?ご存知のように」、また自身のこれまでの発言については「急激に何か起きた時には口先介入をすることもあるが、今はそういう状態ではない」として海江田議員が麻生財務相にコメントすべきだとした根拠を否定してしまったのです。

結局海江田議員は「財務長官の発言に対してはいろんな声が上がってるんですよ」と最後まで不満そうでしたが、ペンス副大統領来日時に交わした経済対話について質問を移し、このやり取りを終えていました。

2017年の衆院選で返り咲いた海江田議員は、2月に行われた名護市長選における敗因についてフェイクニュースが若い有権者に影響を与えたなどとSNSで語り、疑問の声が聞かれたばかりでした(関連記事)。

海江田万里議員と麻生太郎財務相の発言

海江田「最近の円高、今日も朝、106円つけてましたかね。1年何ヶ月ぶりですかねぇ。ついこないだ113円とかでしたから。そして、この時期というのはやっぱりまずいですよこれはね。企業はだいたい、今日は日銀にもお越しを頂いてますが企業がだいたい、輸出の大企業は109円くらいで、勘定してるんですよねこれはね。それがやっぱり106円。ね?これ何か一言、麻生大臣からあってもいいと思うんですけど。菅官房長官は一言、ありました昨日。麻生大臣からまだ一言もありませんが、どういう感想をお持ちでしょうか

麻生「この業界に随分お長いんだと思いますが、財務大臣等が為替について発言するということがこれまであったでしょうか。私どもとしては非常に今の時代、大きな影響力を与えますんで、財務大臣の発言一つで、少なくともいわゆる、ドル円換算レートが大きく動くというのは財務大臣としては、アメリカの財務大臣、日本の財務大臣共にこの種の発言はしないという約束で両方共これまでやらしてきて頂いておりますのは御存知の通りで、しばらく休んでられたと思いますが、間違いなく今になりましてもそのルールは変わっておりません

海江田「あのぅ、大臣それは少し言葉が、過ぎますよ?今、アメリカの財務大臣も日本の財務大臣もって言いましたけどついこの間ね?え?いつですか、1月24日。スイスダボスでの発言ですがアメリカのムニューシン財務長官が驚くべき発言をしましたね。弱いドルは貿易面でアメリカの利益になると言ったんですよ。そこから実は始まったんですよ?今回の株安、円高も。財務大臣発言してるじゃないですかアメリカの!あなた自身もこれまで、例えば注視しなければいけないとかね、それから急激な為替が一本の方向に揺れる急激なことについては、やっぱりこれは、許されるものではないとか、そういうこと言ってるじゃないですかそれを!そういうことでもいいんですよそれは。全く発言しないんですか一言も無いんですかそんなことないじゃないですか!どうですか?

麻生「あのぅ、G20っていうのが最近ございましてねぇ?(ニヤリ)G7っていうのも、昔からあります。そういったようなものの間で、財務大臣間の発言というのはこのG20、G7のラインに沿って発言するというルールになっております。ムニューシンのさっきの話が出てましたけどすぐその後訂正しておりますでしょ?ご存知のように。だからそういったような話があるんであって、迂闊にこの種の発言はしないということになっていますんで、急激になんか起きたときにおいては口先介入っていうのはやってきたのは事実でありますし、私どもとしてはそういったことありますけど非常事態というんであればともかく、今はアメリカも日本も双方とも経済のファンダメンタルズは極めて好調。ペンスともこないだ喋りましたけれども、双方とも、両方共経済の内容が極めて好調ということは両方共理解した上で、少なくとも私どもとしては、今の状況の中において、特別に介入せねばならんというほど急激に円が高値でもなければ円安でもありませんので、私どもとしては今の状況としては昨日日本時間10:20だか10:30にアメリカの物価指標が出ておりますが、0.5で出たと思いますが、そういったもの見ましてもアメリカのあれは直ちに反論は致しておりませんし、今の段階で直ちにということを考えているわけではありません」

海江田「このね、アメリカの財務長官の発言に対してはいろんなところからいろんな声が上がってるんですよこれは。ヨーロッパの中央銀行の総裁も発言しましたしね。で、こないだペンス副大統領が、日本に来ましたね?これはね。その時、麻生大臣はペンス副大統領とですね、何らかの、為替の問題株の問題、なんでもいい経済対話ですから。なにかお話されましたか?(以下略)」
 


 


メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

官邸前抗議活動への警察警備は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP