180219-004takai

立憲・高井崇志議員「厚労省のミスだなんて認めないで」「忖度あったのでは」

LINEで送る
Pocket

 
裁量労働制のデータについて加藤勝信厚労相が陳謝した2月19日の衆議院予算委員会で、野党側が早くもこの問題を安倍首相や官邸への忖度問題ではないのか、と問う場面がありました。

「厚労省のミスだなんて馬鹿正直に認めないで」「忖度あったのでは」

これは立憲民主党の高井崇志議員が厚生労働省の現場責任者として答弁に立った労働基準局長に対し「厚生労働省のミスだなんて馬鹿正直に認めないできちんとホントのこと言って下さい」などと求めていたもの。

高井議員は「局長ぜひ正直に答弁して頂きたい」「総理が是非やりたいという意向があったからそれに反するデータは出せなかったんじゃないですか?」「忖度があったんじゃないですか?」などとした上で「ミス認めないでホントのこと言って」発言に繋げていました。

高井「これですねあの、局長ぜひ、正直に答弁して頂きたいんですけども、これ、安倍総理がね、この働き方改革特にこの裁量労働制の拡大、まぁ経団連からも強く要望があって、官邸として、総理として、これ是非やりたいと、そういう意向があってですね、それに反するようなデータは、厚生労働省では出せなかったんじゃないですか?忖度があったんじゃないですか?それ、そんな、厚生労働省のミスだなんて馬鹿正直に認めないで、きちんとホントのこと言って下さい国会ですから」

高井議員はこの日の午前中に予定されていた質疑が午後に延期となりましたが、自身の質疑時間が10分削られたとして冒頭の約2分を更に使って「極めて不満」などと怒りを露わにしていました。

高井崇志議員の発言

高井「岡山から参りました高井崇志でございます。えーまずですね、午前中の質疑が中断したわけでありますけれども、まぁちょっと状況を把握されてない方もいらっしゃるようなので、ちょっと改めて申し上げておきますが、我々がですね、さんざんこの委員会でも要求してきた資料が、ようやく今日になって出てきた。しかしそれが不十分であって、私がこの裁量労働制について質問するということになってましたから私の質疑までにこれを出して頂けるということでありましたけれども、しかし、私の手元には来てませんでしたし、しかもそれはなぜかと言えば非常に不十分な資料であったと。まぁそもそもこの、3月8日付、平成25年3月8日付の資料が理事に提出されたわけですけれども、それをよく読むとですね、冒頭に平成25年2月13日付の指示するところでありますが、という、つまり2月13日付のが前提になってる、ま、こういう資料をですね、不完全な資料で質問しろというわけでありますから、これは当然質問できないということで、逢坂委員からも異議を申し上げ、まぁ委員長からも、理事会で協議しますということであったにも関わらずですね、まぁ質疑が続行されて結局私は質疑時間10分間削られるそうでございます。極めて不満でありますけれども、まぁあの、理事間で協議した上ということで、今回は甘んじて受けたいと思いますが、しかしこれは、本当にこの、政府の今回の対応があまりにも不誠実である、そのことによって私の質疑時間が10分、削られたということは、しっかりとここで申し述べておきたいと思います。その上で(以下略)」

(中略)

高井「あの、これ作った現場の責任者。あの局長今日来て頂いてますけど、局長はこれ、知ってたんですか?こういう、違いがあるっていうことを。この調査票のこの存在を知ってたんですか?」

厚生労働省労働基準局長「お答え申し上げます。私がこの調査票を知りましたのは、2月の2日、でございます」

高井「えー、2月の2日に聞いて、大臣に5日間も報告しなかったこと、それから、これだけ議論になって、しかも塩崎大臣も答弁をし、安倍総理まで答弁をしている、その、元々の質問票がどんなものだったかを、その現場の責任者の局長は、知らなかったんですか。何故知らなかったんですか無責任じゃないですか!」

労働基準局長「えー、その時点では、この調査票が異なるものであるということについては、把握したわけでございますけれども、例えばその平均的な方について、どのような数値を把握することになってるかということについてはまだわかっておりませんでした。そういうことで、その問題についいて更に精査をしなければいけないということで精査をしていたところでございます」

高井「これですねあの、局長ぜひ、正直に答弁して頂きたいんですけども、これ、安倍総理がね、この働き方改革特にこの裁量労働制の拡大、まぁ経団連からも強く要望があって、官邸として、総理として、これ是非やりたいと、そういう意向があってですね、それに反するようなデータは、厚生労働省では出せなかったんじゃないですか?忖度があったんじゃないですか?それ、そんな、厚生労働省のミスだなんて馬鹿正直に認めないで、きちんとホントのこと言って下さい国会ですから

労働基準局長「お答えを申し上げます。この資料でございますけれども、27年の3月に作成されたものでございますけれども、その後その資料については、あ、え、27年でございます、平成27年。25年の調査でございまして、27年3月にご指摘の比較するデータについては表に出されてるわけでございますけれども、この、その、2つの平均的な社が異なる意味であるということは、その、この表に出されています冊子の中には書かれていないということもございまして、その後十分な検証がないままそれを使っていたものでございまして、そのことについてはお詫び申し上げたいと思います」
 


 


メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

官邸前抗議活動への警察警備は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP