180220-006osaka

立憲・逢坂誠二議員が交渉経過を全てまとめて文字に起こして提出するよう理財局長に要求

LINEで送る
Pocket

 
2月20日の衆議院予算委員会で森友学園問題を追及していた立憲民主党の逢坂誠二議員が、財務省の太田充理財局長に対して、財務省がこれまでに接点を持った関係者全てに話を聞き、交渉経過をまとめて文書にして提出しろと要求する場面がありました。

「当然事務方としてやれますよね?」

これは森友学園問題において安倍昭恵夫人の関与が明らかになっていないと指摘した逢坂議員が、太田理財局長に対し「この問題に昭恵さんは関わっていたんですか関わっていなかったんですか」と尋ねたのがきっかけでした。

「財務省としてお答えする話ではない」と答弁した太田理財局長に不快感を露わにした逢坂議員は指を差し大きな声で「答える立場にないんだったら今までの答弁全部取り消して別の人に答えるよう言ってくれりゃよかったじゃないですか!」と声を荒げます。

太田理財局長はそれでも「財務省が知りうることではない」「総理からのお答えが全て」と譲りませんでしたが、逢坂議員は「交渉の経過は知ってるんでしょ!?交渉の経過も知らない忘れたっていうんであればもう答弁の資格はないからここへ来る意味はない」と追い打ち。

これには流石に「交渉の経緯は重々承知しているつもりであります」と答えた太田理財局長でしたが、逢坂議員は「それじゃあですね」「重々承知している内容を、知りうる限り文字に起こして提出頂けませんか」と迫ったのです。

「たった3年位前の」「交渉の経過を重々承知しているということですから」「明らかにして頂きたい出来ますよね!?」「当然事務方としてやれますよね?」と強硬に要求した逢坂議員でしたが、求めたのは森友学園問題に関し財務省が「接点を持った方全てにですね、話を聞いて頂いて、どういう交渉経過であったかっていうことを、おまとめ頂くこと」と膨大な作業量であることが予想される内容。

太田理財局長は「ちょっと考えさせて頂きたい」と回答を留保しましたが、逢坂議員は安倍首相にも「総理からご指示頂けませんか」と促していました。

1年に及ぶ国会での議論をひっくり返すかのような理財局長への要求を行った逢坂議員は森友学園問題に関する質疑の冒頭で「この問題に早くピリオド打ちたいんです」「いつまでもやりたくないんです」などと語っていただけに、森友学園問題に執着し続ける姿勢を際立たせていました。

逢坂議員は裁量労働制データ問題でも2月15日の予算委員会で「3年余りの質疑時間を返してもらいたい」と要求していました(関連記事)。

逢坂誠二議員の発言

逢坂「そこで次です。えっと、森友事件といいましょうが森友学園問題ですが、えと、総理この問題に、早く私、ピリオド打ちたいんです。この問題をですね、いつまでもやりたくないんです。で、その理由は、ただ、何故この問題がこんなに尾を引くのかって情報公開が不十分だからです。情報公開がしっかりされればこの問題はそんなにですね、いつまでもいつまでも尾を引くというふうには私には思われない。ただ、まずひとつ。まぁ、総理の奥様、私人である安倍昭恵さん。私人だ私人だということで閣議決定まで頂いたようでありますけれども、私は、やっぱり安倍昭恵さんのこれまでの様々な活動、言動、言動といいましょうかその、発言をみるとですね、この森友学園と相当大きく関わっていたと思わざるを得ないわけであります。例えば(以下略)」

(中略)

逢坂「今の答弁改めて聞いてみて感ずるんですけども、払下げには関与してないけれども貸付には関与していたというふうに聞こえるんですが、払下げには関与していないと。それはあくまでも払い下げだというような話をしておられましたが、それから内容には関与していない。内容には関与していないけれども関与っていろんな方法で出来るんです。内容には関与していないという答弁がありましたけれどもそれ以外の関与の方法って色々あると思います。それからゼロ回答だったっていう話でありますけれども、結果として、土地の売却価格は引き下げられました。結果として、土地の売却において代金の支払いは分割になっています。結果としてですよ?この時点での関わりはゼロ回答だったかもしれませんけれども、そういうところがやっぱり明らかにならないんでいつまでたってもこの問題、私はなんというか化膿した傷口のようにですね、いつま、でもじゅくじゅくじゅくじゅくしてるんだと思います。そこで、理財局長。この問題に昭恵さんは関わっていたんですか関わっていなかったんですか

理財局長「お答えを申し上げます。あの、この件は私どもとして、財務省としてお答えをするような話ではないと思ってますが、何れに致しましてもこれまでも国会でご答弁申し上げておりますけども、国有財産の管理処分については、その相手方の役職にどのような方がついてらっしゃるか、あるいはその相手方が、どのような方と関係をしていらっしゃるか、ということに関係なく、法律に基づいて行っているというふうに思っております」

逢坂「太田局長、太田局長。答える立場にないんですか。それでよろしいですか答える立場にないってことで。じゃあこの間、何度、何のために答弁しに来てたんですか。(指を差して大きな声で)答える立場にないんだったら今までの答弁、みんな取り消して別の人に答えるように言ってくれりゃよかったじゃないですか!

理財局長「立場にないというちょっと表現を使ったとしたらあれですけど、基本的に、昭恵夫人がどういうふうに関与してらっしゃったかということは、財務省の方が知りうることではないと、いうことを申し上げたつもりでございます。ただ、その上で、昭恵夫人との関係については総理からお答えがあることが全てだろうと思っておるということを申し上げてます」

逢坂「太田局長。これまでの交渉記録は、もう廃棄してない。それはそれで、どうもそれが事実のようでありますから、それは認めざるをえないんですが、何故知りうる立場にないっていうことが言えるんですか。何故そういうことが言えるんですか。交渉の経過は知ってるんでしょ!?交渉の経過も知らない忘れたっていうんであれば、もう答弁の資格はないからここへ来る意味は無いんですけど、そこどうなんですか

理財局長「お答えを申し上げます。あの、当然交渉の経緯は重々承知しているつもりであります。その上で答弁に立たせて頂いております」

逢坂「それじゃあですね、太田局長にお願いしたいんですけども、交渉の経過は重々承知をしているとおっしゃいました。交渉記録は廃棄してないということでありますけれども、(大きな声で)重々承知している内容を、これは知りうる限り、文字に起こして、提出頂けませんか。委員長、これ理事会で協議して頂けますか」

委員長「理事会で協議致します」

逢坂「自分の半生を語るなどというヤジがありましたけれども、そんなことはございません。たった3年位前の、この森友事案に係ることだけ、交渉の経過を重々承知しているということでありますから、(指を差して)それを明らかにして頂きたい出来ますよね!?

(中略)

逢坂「(前略)今回のこの森友事案で最も問題なのは情報公開が不十分だということであります。情報をしっかり公開してもらえばこの問題は相当程度霧が晴れると私は思っています。そこで、この、今回その理事長や副理事長や学校法人関係者、工事や設計関係者、いろんな人と財務省は交渉なり接点を持っていると思われますので、それら接点を持った方全てにですね、話を聞いて頂いて、どういう交渉経過であったかっていうことを、おまとめ頂くってことはこれやれますよね?だって、聞かれたとこだけ、部分部分だけ答えていてもこれ霧晴れないんですから。我々全体像が見えないんですから。そういうことは、当然事務方としてやれますよね?如何ですか」

太田「あの、基本的にこれまで国会でお答え申し上げているというふうに思ってございますが、あの、今の委員のご指摘についてはよくよく、ちょっと考えさせて頂きたいと思います

逢坂「えとこれで最後にしますけども総理、この問題明らかにするのはやっぱり情報公開が私、鍵だと思ってます。今、局長は検討する、まぁようなニュアンスのこと言ってましたけど総理からご指示頂ければですね、書類はなくっても記憶をたどれば3年前からのことですから、ある程度全貌が明らかになると思いますので、総理の方からご指示頂けませんか。交渉の経過について知っている職員がそれぞれ明らかにするということで。如何ですかそうすれば随分と、霧が晴れると思います。もし所管が財務大臣なら、財務大臣にお答えを頂いた上で、総理にご答弁頂きたいと思います」

麻生「今太田がご説明申し上げましたように重々検討すると言っておりますのでその上でよく話し合った上でご返事申し上げます」

逢坂「総理如何ですか。重々検討ではなくて確実に実行して頂きたいと思います」

安倍「所管の大臣が言っているとおりであります」

逢坂「以上で終わります!有難うございます!」
 


 


メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

官邸前抗議活動への警察警備は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP