180220-008matsui

立憲民主党の近畿財務局訪問に松井一郎代表「映してもらいたいから。パフォーマンス」

LINEで送る
Pocket

 
2月20日に立憲民主党の衆議院議員4名が近畿財務局を訪れ、文書の管理状況を調査されるよう申し入れたものの拒否されたと報じられている件について、日本維新の会・松井一郎代表が同日の会見で「パフォーマンスでしかない」「映像撮って欲しいからやってる」と断じていました。

「君らに映像を撮って欲しいからやってるわけ」

松井代表は記者から立憲民主党議員らの行動について「どのように思われますか」と問われると「君らに映してもらいたいから来た。パフォーマンスでしかない」と切って捨て、役所のトップとしての経験から「だいたいね、日程調整してくれと言えば、役所は日程調整します」「そういう交渉なしにいきなり訪ねていってるという雰囲気」と指摘。

「僕の役所での経験則から言うと」「門前払いなんて言うのはしません」と立憲民主党側が事前調整もなしに訪問したのではないかとの見方を示し「自分達の立ち位置、ポジションをアピールするためにパフォーマンスをしてるんだと思いますね」と分析。「そういうパフォーマンスをやる時間があるんやったら、もうちょっと中身のあるね、議論とかね考えてもらいたい」と苦言を呈していました。

松井代表は立憲民主党に対しては1月上旬に枝野幸男代表が会合で「9条(改憲)には絶対に手を触れさせてはならない」などと語っていたと報じられた際に「この人、どれだけ上から目線なのでしょうか?憲法改正は国民皆さんの判断です。」と批判していました(関連記事)。

松井一郎代表の発言

記者「立憲民主党の国会議員団が、近畿財務局の方に森友学園関連の問題で、書類とかが残ってないかどうかということで調査に入られましたが、立憲民主党の国会議員団、いま国会会期中であると思うんですけど、このタイミングで近畿財務局に来られたことっていうことに関して、松井代表どのように思われますか」

松井「君らに映してもらいたいから来た。パフォーマンスでしかない。だいたいね。役所がね、説明に行くから、日程調整してくれと言えば、役所は日程調整します。あの、無碍に、入り口で門前払いはしません。近畿財務局も、まぁ役所なんだから。僕が今役所行ってる、経験則から言うと、一方的にいついつ行くから、相手にも仕事があるわけだから、その日は例えば対応できる課長がいませんとか次長がいませんとか、いついつやったらやれますけど、そういう交渉なしに、いきなり訪ねて行ってるという雰囲気です。これはわかりません聞いてないから。でも、僕の役所での経験則から言うと、例えば大阪府庁の各部局が、共産党であろうと、門前払いなんて言うのは、しません。ただし、説明できる人の日程というもんがあるわけだから、日程調整はしてもらわないと。明日行くからおれよ、と言われてもこれは、無理です。だから、たぶんこの、今国会で、森友の問題まだやってる最中だから、まぁ立憲民主とね、行ってるの大阪の人で僕もよく知ってる人だけど、彼ら、去年の選挙で久しぶりに通ってきてね、うん。で、あの、もうとにかく、今、自分達の立ち位置、ポジションをね、アピール、そのためにね、こういうパフォーマンスをしてるんだと思いますね。役所がこれは野党であろうと政治家からそういう面会の申し入れを門前払いで断ることはない。これは、僕の役所の経験則から言って、そうです。間違いないと思います。だから、あれで、門前払いされたところを、君らに映像を撮って欲しいからやってるわけ。うん。そういうパフォーマンスやる時間あるんやったらね、もうちょっと中身のあるね、議論とかね、まぁモノ考えてもらいたい。僕はそう思うね。」
 


 


メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

官邸前抗議活動への警察警備は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP