180223-006maruyama

維新・丸山穂高議員が台湾地震への見舞い文から「蔡英文総統」削除した外務省を追及

LINEで送る
Pocket

 
2月7日に台湾で起きた強い地震に関連して首相官邸のWebサイトに掲載されていたお見舞いメッセージから「蔡英文総統閣下」の宛先が削除されていた件と中国からの抗議の関連について、2月23日の衆議院予算委員会第三分科会で日本維新の会・丸山穂高議員が外務省を追及しました。

「蔡英文総統」名消えた理由を追及

政府は23日の閣議で中国からの抗議による影響を否定していますが、丸山議員への答弁は歯切れが悪いとしか言えないもので、疑惑の払拭とは到底言えなかった内容に丸山議員は今後も引き続きチェックしていくとして追及の継続を宣言していました。

外務省は蔡英文総統の名前を削除した理由について「被災された台湾の方々に、より広くお見舞いのメッセージを伝達することが適当と判断したため」と説明しましたが、2016年にも同様に地震への御見舞としてメッセージを掲載した際には、当時の馬英九総統宛てとしていたではないかとして矛盾があると指摘されてしまったのです。

更に丸山議員はWebサイトにおける表記だけではなく、台湾宛に同様の文面を送付したという事実はないのか、と質問。外務省はこれに対し「手元に資料がない」と回答を留保したことから、次回の質疑はこの点をきっかけとすることになりそうです。

仮に台湾に対し文書を送付しており、そこにWebサイトと異なる宛先が書かれていたとすれば問題だとの見解を示す丸山議員は今後の表現にも懸念を示していました。

丸山議員はまた、台湾の人々による東日本大震災への支援についてもこのように述べ、蔡英文総統の名前を削除した外務省の対応を批判的に質していました。

丸山「何より、何よりですよ?あの東日本大震災の時に、どれだけ台湾の方々が、日本に対して支援下さったか。200億を超えるですね、献金、直ちに送ってくださる。日本の人口の5分の1しかいらっしゃらないんですよ?それで、かなり他の国と比べても圧倒的に多い、200億円以上の献金を下さるようなとこです。総理も、それに対して感謝の言葉を述べられてるし、何より、台湾加油、ですか?向こうの言葉での、頑張れと、こういうメッセージを送られてる。そうした中で、こうしたことをやってたら誤ったメッセージが世界に対して発信されると、そう思いませんか?」

丸山議員は2月20日の予算委員会では外国人による土地所有問題を取り上げていました(関連記事)。

丸山穂高議員の発言

丸山「外務大臣、あの、台湾の案件です。先日ですね、台湾で大きな地震があって、それに関して総理からも、台湾向けに蔡英文総統向けに、御見舞のメッセージを送られてるというふうに聞いてますし、現に総理官邸のホームページも含めて、報道も含めて出ております。これ、見ますとですね、最初のメッセージには、総統のお名前、宛先をきちんと、蔡英文総統閣下と書かれていました。最近見ると、この総統閣下の部分、なくなってるんですけど、これ、削除した理由に関して、どのようにお答えになりますでしょうか

河野外相「あの、総理のメッセージに関しては、被災された台湾の方々に、より広くお見舞いのメッセージを伝達することが適当と判断し、首相官邸のホームページに掲載をしたものでございます」

丸山「総統閣下宛ではなくて、国民の皆さんもしくは台湾の皆さんに宛ててるんでこの総統閣下という表現がふさわしくないという認識で削除したということでよろしいですか?」

河野「あの、総統にだけメッセージを出しているのではなく、広く台湾の方々皆さんにお見舞いのメッセージを出している。そういうことでございます

丸山「これ、実は何を言ってるかといいますと、9日に中国の外務省報道官が記者会見いつもやってるんですが、そこで日本に対してこの総統の肩書を使ったことを厳正に抗議申し入れたという発言をしてます。中国は、総統とは台湾に対して使わず、台湾当局の指導者という言い方をしてるということなんですが、これの、中国からの、抗議、圧力を受けてこれを変えたということなんでしょうか。そうじゃないということなんですか?

外務省大臣官房参事官「お答え申し上げます。中国外交部から申し入れからあったということは事実ではございますけれども、さきほどご指摘の記載の変更に関しましては、河野大臣からその理由を申し上げた通りでありまして、中国からの抗議を受けて記載を変更したという事実はございません

丸山「これ事実関係伺いたいんですけど、発表されたのは8日ですね。これ、削除されたのは何日ですか

参事官「お答え申し上げます。ホームページの記載に関しましては最初にご指摘の官邸ホームページにおきまして、蔡英文総統宛というメッセージでございましたけれども、その後に官邸のFacebookの方には台湾の皆様宛て、メッセージを掲載ということでありまして、その後、同じ日、8日でございますけれども官邸ホームページのメッセージの宛先に関しては台湾の皆様宛てに変更、官邸Facebookに合わせたということでございます

丸山「あの、官邸のホームページでは台湾の皆様へとも書かれてないと思うんですが、削除したのはいつですか」

参事官「繰り返しでございますけれども、2月8日の官邸ホームページにおきまして、官邸のホームページには最初に蔡英文総統宛てと、いうふうに書かれておりましたけれども、同日のその後に官邸Facebookの方には台湾の皆様宛てという形になりまして、官邸ホームページのメッセージは更にその後にですね、同日、2月8日のうちに、蔡英文総統宛てという形ではない形に直したというところでございます」

丸山「次に事実関係伺いたいんですけど中国は記者会見で抗議を申し入れたと言ってますが、これは日本としても来たと、そういう抗議が来たという認識でいいのか、それはいつ来たのか、お伺いできますか」

参事官「中国からの申し入れの内容・時期に関しましては、外交上のやりとりということで詳細についてお答えすることは差し控えたいと存じます」

丸山「まぁでも9日に記者会見したわけですから、まぁ前日に抗議があったというのが普通だと思います。そうすると、8日に掲載して、中国から抗議があって、現実として、結果としてこれが削除されてるというのは事実関係からしても明らかで、これ何を言ってるかといいますとね、その、日本の矜持として、これまで、どういう表現をしてきたってのがあって、それを他国のどう言われたからって急に変えるっていうのはやっぱりおかしな話だと、外交上も思いますし、何より、何よりですよ?あの東日本大震災の時に、どれだけ台湾の方々が、日本に対して支援下さったか。200億を超えるですね、献金、直ちに送ってくださる。日本の人口の5分の1しかいらっしゃらないんですよ?それで、かなり他の国と比べても圧倒的に多い、200億円以上の献金を下さるようなとこです。総理も、それに対して感謝の言葉を述べられてるし、何より、台湾加油、ですか?向こうの言葉での、頑張れと、こういうメッセージを送られてる。そうした中で、こうしたことをやってたら誤ったメッセージが世界に対して発信されると、そう思いませんか?これね、何を聞きたいかって言うと矛盾が私あると思ってて。というのは、16年にも台湾では地震があったわけですよ。この時にも、外務省のホームページにまだ載ってますがメッセージ送られてますよね。そこには、どう書かれてる。当時、今は蔡英文総統ですけど、当時は馬英九総統でしたね?馬英九総統宛に、同様の御見舞のメッセージ、送られてるじゃないですか。明らかに、矛盾してませんか今のご回答と。そしてなによりまだ載ってるんですよ?ホームページにそちらは。これ何が違うんですか。お答え頂けますか」

参事官「お答え申し上げます。ご指摘の通り2016年の安倍総理メッセージにおきましては馬英九総統宛と言うかたちになっておりますけれども、今回、そのような形にしていないということにつきましては、これは河野大臣からご答弁申し上げた通りでありまして、安倍総理から被災された台湾の方々への連帯をより明確に表す観点から、より広く、台湾の方々全般へのメッセージとして掲載することが適当と判断し、そのような形の掲載に変更したものでございまして、個別のメッセージの対外発信のあり方につきましては、個別に判断を行っているところでございます」

丸山「そしたら、整合性から考えたら16年のも、解釈としてはおかしいんじゃないですか?16年だけ、総統で送って、今回は、同様に大きな被災している地震の御見舞に対して、どうして表現を変えるんですか?」

参事官「お答え申し上げます。繰り返しで恐縮でございますけれども、個別のメッセージの対外発信のあり方については、その時どきの個別の判断、個別の状況に基づきまして判断をしているその結果とご理解頂ければと思います」

丸山「ご説明多分聞いてくださってる皆さんどういうことだと思ってらっしゃると思いますよ。非常に私これ、残念だと思いますし、非常に誤ったメッセージを世界に対して発信しかねないなぁと思います。そういった意味で確認をしておきたいんですけれども、これは首相メッセージをホームページにアップしたということで先方に何かお送りしたというわけではないわけですよね?

参事官「今のご質問に関しましては今、手元に資料がございませんので確認の上、お答えしたいと存じます」

丸山「ちょっとあの、送ったかどうか、確認するという発言なので理事会なり確認のお願いをしたいんですけど

委員長「ただいまの資料要求につきましては政府におきまして然るべく段階で措置を願います」

丸山「何を言ってるかといいますと、先方には送っているものが違う掲載されてるんならそれはそれで問題なわけですよ。逆に先方に送るのに、宛先書いてないって外交上普通ありえないと思うんで、おそらく送ったんなら書いてると思うんですね。その意味でそこに違いがあるのなら私は問題だと思いますし、同時に、何を申し上げているか、今後の表現も、これ、悪影響がないかすごく心配してます。基本的にはこの総統閣下ということでこれまで、外交文書何かしらの時は送られてきたという理解でいいのか。そして今後も、この表現はこれで送られるということでいいんですか」

参事官「お答え申し上げます。これもあの、繰り返しで恐縮でございますけれども、どのような時にどのようなメッセージをどのような形で発出するかということに関しましては、その時どきの、個別の判断に従うということになるかと存じます」

丸山「これまで総統閣下という表現を使われてきたかどうかっていうのは、事実という、使われてきたという事実でいいんですね?相手に出す場合ですよ、ホームページに出す場合だけじゃなくて」

参事官「申し上げます。先ほども申しあげましたが2016年の安倍総理のメッセージにおきましては、馬英九総統宛という形になっております。」

丸山「要領を得ませんが、まぁしかし、基本的には過去見ててもですね、こういう形で表現されてるわけですよ。でも現実今回、これ削除されたと。これが、外交上与えるメッセージっていうのは非常に大きなものがあると思いますし、私はすごく危惧してます。先方に送ったかどうかに対しても非常に相手に対して、失礼に当たると思いますし、その、送ったものと違うものが掲載されてるんだったらですね。そういった意味で非常にセンシティブですが、国際情勢上、地域考えてもセンシティブではありますが、しかし、我が国として、矜持として、やらなきゃいけないことはやっていかなきゃいけないと思います。そこの軸がずれてしまったらですね、日本の外交の軸そのものがずれかねない。そういった問題の、ひとつだというふうに思いますんでしっかりとこれは、今後も確認していきたいです。先ほどおっしゃった部分も含めて、引き続き是非、教えてください。提出をよろしくお願いします。これ、外務大臣、お聞きになって、非常にどうかと、思われると思うんですけれども、結構いろんな国際会議でも、大臣、日本の言うべきところは言ってこられてると思います。一方で国際交渉ですから、いろんな、何がここで言えない何かがもしかしたら裏であるのかもしれません。そこが私には外部からですから見えないのが歯がゆいですが、しかし外形上見たら、私が申しあげたように捉えられかねない状況だというふうに思うんですが、大臣お聞きになられてどう思われます」

河野「あの、総理から被災された方々への連帯を示すメッセージの他、日本から、震災発生直後に専門家チームを派遣をし、ま、懸命な行方不明者の救助・捜索活動にもあたった。そういうことに対して、台湾の当局を始め、幅広い方々から日本に対して感謝の意が、表明されてきているところでございます。我が国としてはこれからも、こうした世界どこで起きるかわからない災害に対して、その被災された方々に寄り添い、日本政府としてできることはしっかりと対応してまいりたいと思います」

丸山「台湾の方々、被災された方々に寄り添う時に、どういう態度を日本がとってるのかは見てらっしゃると思います。そうした中で、非常に私、関心を持ってみてますし、今後国会でも、見ていきますんで、しっかりとした、毅然とした対応をお願いしたいと思います。時間がありませんので次の議題に移りたいと思います引き続きこれは、チェックしていきたいと思いますよろしくお願いします。(以下略)」
 


 


メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

官邸前抗議活動への警察警備は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP