180224-003sugawara

自民・菅原一秀議員が連日の野党批判「見え透いた軽率なパフォーマンス。ルールはないのか」

LINEで送る
Pocket

 
2月22日にブログで野党議員の予算委員会における態度に苦言を呈していた自民党の菅原一秀議員が、2月23日に再び、更に激しく野党議員への批判を展開、「強く抗議する」と述べています。

これは裁量労働制データ問題で2月23日に野党議員が厚生労働省の地下倉庫を視察、ダンボール箱32箱を確認した際の行動に菅原議員が憤慨しているというもの。

菅原議員は「ありとあらゆる厚労省のデータが保管されており、その裁量労働制のデータ以外にもいわば個人情報やプライバシーに関わるものもあり、いくら国会議員といえども管理者の許しがなければ入ってはならない倉庫だ」と指摘、野党議員が厚生労働省の地下倉庫に入ろうとした点を問題視するとともに「マスコミを同行させ」「与野党間の協議のノリを超えて野党議員のとったパフォーマンスは断じて許されない」と憤っていますが、現地での様子は野党議員自らが語り、批判を浴びるという展開も見られています。

立憲民主党の尾辻かな子衆議院議員がTwitterでこのように述べていたのです。

尾辻「厚労省。通された会議室には1箱。全部見たいと何度も交渉して、やっと32箱が運ばれる。中身が本当に調査票なのか確認をといっても開けられないとの押し問答。マスコミには見せられないと拒否されるが、マスコミが見られなければ、市民はわからないと粘ってやっとマスコミ入室。なぜここまで隠すのか。」

尾辻議員に対しては「マスコミに見せて秘密保持の観点から問題はないのか」「個人情報が漏洩しかねないのではないのか」といった疑問の声だけでなく「ゴネればいいと思ってる」「やりたい放題だな」といった不快感を示すコメントも相次ぎ、こうした批判が影響したためかどうか定かではありませんが、尾辻議員はその後、問題のツイートを削除しています。

菅原議員は今回の件について野党に対し「強く抗議する」「それにしても、毎度カメラを連れてパフォーマンスする野党のやり方は見え透いて軽率だ」と述べていますが、2月22日に更新したブログでも予算委員会における野党議員の態度に厳しい目をむけていました(関連記事)。

菅原「野党の議員は、一般質疑の際は、ヤジも激しく、審議を何度も中断しようとし、あげくに突然委員会室から出て行ってしまう有り様。ところが、テレビ入りになると、行儀が良くなり、ヤジも減る。」
 


 

※画像は菅原一秀議員の公式サイトより。
関連URL:魚拓 【直球勝負!!】ルールとは

メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

官邸前抗議活動への警察警備は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP