180224-005tamaki

希望・玉木雄一郎代表が力不足を直接指摘される「ついていってどんなプラスあるのか」

LINEで送る
Pocket

 
2月23日のBS日テレ「深層NEWS」に出演した希望の党・玉木雄一郎代表がテリー伊藤氏から力不足を指摘される場面がありました。

これは民進党との統一会派結成が頓挫したことを振り返る話の展開からテリー伊藤氏が「でもね、民進党がためらったのがよくわかる」と述べ、玉木代表自身に民進党の議員を引っ張っていく力が足りていない、と指摘していたもの。

テリー伊藤氏は前原前代表と民進党が動いたのは「小池さんのパワーがあったから」と語る一方で、玉木代表にはついていくパワーがないとしてこう述べていました。

テリー伊藤「玉木さんだと、まだそのパワーないと思う。くっついていく。多分そこで、玉木さんのいる希望の党にくっついてってどんなプラスがあるのって思う方も多いと思うのね」

続けて玉木代表に対し「今動くのは時期尚早」であるとアドバイスしたテリー伊藤氏は、、噂されている春の野党再結集は希望の党や民進党が保身のためにくっつくだけと国民は思うだけであるから、先に何をやりたいのかはっきりさせるべきだ、と主張していました。

小池都知事との差を示された格好の玉木代表はその後も低支持率の理由を問われる場面や、民進党との「統一会派の時に感じたのは大塚代表と岡田克也議員が同じ思いなのか、何かやろうとした時に民進党として決まるのか」だったと話したところ「(分党話が出ている)希望の党も同じではないのか」と指摘されるなど締まりのないシーンが散見されていました。

他にもテリー伊藤氏から「枝野代表や無所属の会は骨太な気がするが、希望の党は小池都知事の残像がある」と現状を呈されるなど、希望の党及び玉木代表の存在感の小ささが浮き彫りになっていたと言えそうです。
 


 
関連URL:【日テレNEWS24】希望・玉木代表 バラバラ野党どう結集?


メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

官邸前抗議活動への警察警備は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP