180226-010tamaki

支持率ゼロ%の希望の党・玉木雄一郎代表が「世論調査の結果に耳を傾けるべきだ」安倍首相に

LINEで送る
Pocket

 
2月26日の衆議院予算委員会で、働き方改革について安倍首相を追及していた希望の党の玉木雄一郎代表が「世論調査の声に耳を傾けるべきだ」と迫る場面がありました。

これは裁量労働制のデータ等を巡って法案を撤回すべきだと主張する玉木代表が、直近の世論調査を挙げて「(法案を)そのまま出すことに反対だという意見が6割ぐらいありますよね」と指摘、「総理そういう声にしっかりと耳を傾けるべきだと思いますよ?」と語っていたもの。

玉木「週末の世論調査をいくつか見ましたが、この裁量労働制のところをですね、そのまま、出すことに反対だという意見が、6割ぐらい、調査によりますけどありますよね。やっぱり総理そういう声にしっかりと耳を傾けるべきだと私思いますよ?で、特にこういうもうね、致命的なミスが有った以上は、いったんこれは、法案から削除するのが当然ですこれは!」

しかしこれはブーメランとなってしまいそうです。というのも、毎日新聞が2月24・25日に実施した全国世論調査の結果によると、政党支持率は自民党が前回の30%から35%に上昇しているのに対して、玉木代表率いる希望の党は前回の2%から今回はなんと「0%」に下落しているためです。

6割が反対だという世論調査に耳を傾け法案から削除すべきだと主張する玉木代表が支持率「ゼロ%」の希望の党をどのように処するのか、注目を集めそうです。
 


 

関連URL:【毎日新聞】改憲「年内発議不要」50% 「原発再稼働反対」は48%

メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

官邸前抗議活動への警察警備は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP