180309-005eda

北朝鮮の非核化巡る安倍首相訪米のニュースに民進党・江田憲司議員「また森友隠し?」

LINEで送る
Pocket

 
安倍首相が4月にも訪米しトランプ大統領と日米首脳会談を行う見込みと報じられたことに対して、民進党の江田憲司衆議院議員が「また森友隠し?」とツイートし批判を浴びています。

3月9日の午前、トランプ大統領と電話会談したという安倍首相は4月にも訪米し日米首脳会談を行うことで一致したと報じられていますが、このニュースが流れた直後のタイミングで江田議員はこのようにツイート。

江田「安倍首相が4月にも訪米?北朝鮮問題でトランプ大統領と会談?まあ良いが、公表のタイミングと言い、また森友隠し?」

日本の安全保障に重大な影響を及ぼしかねない北朝鮮の非核化に絡む問題を念頭に置いた訪米であるだけに、「また森友隠し?」という江田議員の発想には驚きと呆れ、そして不快感を示すコメントが相次いでいます。

「こんなこと言ってるから支持されないのですよ」「感覚がおかしいと思います」「言ってて恥ずかしくないですか?」「これが国会議員かと思うと情けなさ過ぎる」といった反応が数多く寄せられており、「こんな考えの議員が与党だったかと思うとゾッとする」「足を引っ張ることしか考えてないからこういう発言に繋がるのです」「江田はもう少しまともなのかと思っていたのだが」といった江田議員や民進党への悲観的な声も目立っています。

江田議員は3月9日にブログを更新して、森友学園との土地取引における書類書き換え疑惑について朝日新聞のネタ元が「近畿財務局のノンキャリ職員か、大阪地検の捜査(現場)検事のリークだろう」との読みを示すと共にその背景についてこう語っています。

江田「ノンキャリ職員であれば、地検の捜査や国会追及に日々さいなまれ、一方でぬくぬくと出世街道をいくキャリア官僚(理財局長→国税庁長官)や、昭惠夫人、安倍首相への怨嗟からだろう。検事なら背任が事件化できないいらだちからのリークということが考えられる。前者の確率が高い。」
 


 

※画像は江田憲司議員の公式サイトより。
関連URL:Twitter 【江田けんじ】森友決裁文書の改ざん問題、急展開へ・・・朝日の確証記事

メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

官邸前抗議活動への警察警備は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP