180310-002mori

近畿財務局訪問の森裕子議員「もう誰も死なないでほしい」桜井周議員「訪問時は不在だった」

LINEで送る
Pocket

 
近畿財務局の職員が自殺したと報じられている件に関連して、政府や財務省に対し一連の疑惑の解明を求める声が強まっている一方、野党議員の言動への疑問視も増えていますが、そうした中、3月5日に近畿財務局を訪れていたばかりの自由党・森裕子参議院議員が「もう誰も死なないでほしい」と語っている他、立憲民主党の桜井周衆議院議員が「野党有志議員が近畿財務局を訪問したときには、いらっしゃいませんでした」とそれぞれTwitterで発言しています。

野党各党の議員5名は3月5日に近畿財務局を訪れ、決裁文書の原本を見せるよう要求したと報じられていましたが、森裕子議員は当時の様子について自身のTwitterでこのように報告し、強引な訪問であった可能性を窺わせていました(関連記事)。

森「入庁は認めないとの財務省本省の指示を忠実に守ろうとする職員を説得(?)して、管財部(文書を作成した部署)へ案内させる」

森「今井議員たちを管財部に残し、8階の局長室へ。局長は東京へ行ったとのことで不在であったが、局長室を見せてもらった。」

森「ファイルを会議室に持ってくるまでの20分近く経過したので、福島議員と共に、管財部へ。」

近畿財務局の職員が自殺したと伝えられたことで厳しい姿勢で官僚に迫り続けてきた野党議員への風当たりが強まっていますが、直前のタイミングで近畿財務局を訪れていた議員が自殺に関連したツイートを流し、非難を浴びています。

森裕子議員は「もう誰も死なないでほしい」として「関わっていたら総理も議員も辞めると啖呵を切った裸の王様のために」と安倍首相の責任だと言わんばかりの発言。

森「改めて、亡くなられた近畿財務局職員に哀悼の誠を捧げます。もう誰も死なないでほしい 関わっていたら総理も議員も辞めると啖呵を切った裸の王様のために 「特殊性に鑑み」と、書かなければならないほど通常では決して決裁されることがない行政の手続きが行われたのは事実である。」

これには「もう誰も死なないでと思うならまず自分たちの行動を反省すべきでは?」「全てが安倍政権のせいだと言うだけか。醜悪」「あなた自身に反省すべき点はありませんか?」「自殺者を使って政権批判か」といったコメントが相次いでいます。

また桜井周議員は近畿財務局を訪問した際、自殺したとされる職員はいなかったとツイート。

桜井「お亡くなりになった近畿財務局の職員は、数ヶ月程、休職されていました。野党有志議員が近畿財務局を訪問したときには、いらっしゃいませんでした。」

これに対しても「いなかったから責任はないと言いたいのか」「俺のせいじゃないよってこと?」といった反応が出ているほか、これまでの野党の追及姿勢を揶揄するかのように「まずいなかったことを証明しないといけないのでは」といったコメントが寄せられています。
 


 

関連URL:Twitter Twitter Twitter Twitter Twitter

メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

官邸前抗議活動への警察警備は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP