180321-006oosakaseiji

立憲・逢坂誠二議員が理財局押しかけを正当化「こうした一年の積み重ねの末の訪問だ」

LINEで送る
Pocket

 
野党議員らが3月20日に財務省を訪れた際に、理財局が鍵をかけ入室を拒んだ件で訪問した野党議員らに対し「パフォーマンスだ」などと批判的な声が出ていたためか、立憲民主党の逢坂誠二議員が3月21日に自らのブログで「これが顛末だ」と語り、逢坂議員から見た「真相」を語っています。

逢坂議員は3月21日に公開した「逢坂誠二の徒然日記」の中で前日の財務省訪問を振り返り、改めて財務省側の対応を批判しています。

逢坂議員によると「昨日、9時から連絡し、対応できる者に対応してもらうことで合意していた」にも関わらず「対応者、訪問場所の連絡ないため、2時40分に確認するが対応できないとの返答。」こうした展開であったことから「この直前になってそれはないだろう」として訪問に至ったそうですが「迎えに行くので受付で待つよう理財局から連絡があり、待っていたが、5分経過してもうんもすんもない。受付係が、再度、理財局に確認すると、対応できないとの返答。」という流れから理財局を直接訪れたということだったそうです。

事前に「対応できる者に対応してもらうことで合意していた」のが事実だったのか、対応できないとの返答があったにも関わらず「それはないだろう」と訪問した判断が正しかったのか、財務省の入り口で「迎えに行くので受付で待つよう」理財局から連絡があったのが事実か、といった点について、3月22日以降財務省側の見解が報じられるかどうか注目を集めそうです。

逢坂議員は3月20日の訪問時、大勢のマスコミを引き連れ理財局のドアをガンガンガンガンとノックする様子や、シャットアウトされたからと財務省で急きょ開いた会見の様子を動画で公開していました(関連記事)。

逢坂議員は今回のブログで「昨日の訪問には、数々の伏線がある」「書類の提出や説明を求めていたが全く返答がない」「確認してもなしのつぶて」などと財務省側を厳しく批判すると共に「だからこその訪問だ」と述べ、「抜き打ち的に訪問したかのような認識があるようだが、こうした一年の積み重ねの末の訪問だ」と正当化しています。
 


 

関連URL:【逢坂誠二の徒然日記】18年3月21日 その3862『逢坂誠二 の徒然日記』(5559)

メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

官邸前抗議活動への警察警備は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP