180329-006sugio

官邸や自民党によるNHKへの影響力を答弁で否定された杉尾秀哉議員「いずれにしても」と譲らず

LINEで送る
Pocket

 
3月29日の参議院総務委員会で質疑に立った民進党の杉尾秀哉議員が、NHK内部で政治的な表現にナーバスになっている報道局長がいるという情報がある、などと指摘、真相を質したもののあっさり否定されると「いずれにしても」などと話を変えて官邸や自民党への配慮と結びつけるかのように印象付ける場面がありました。

否定されると「いずれにしても」

杉尾議員はNHKの誤報事例を取り上げると「この誤報を契機に官邸や自民党の一部にあった偏向報道批判が強くなった」と述べ、ある報道局長がナーバスになったことからNHK内部でJアラートならぬ「Kアラート」と呼ばれているそうだが事実か、と質問。

これに対して木田幸紀専務理事は「御指摘にあったような事実はございません」とあっさり否定しますが、杉尾議員は引き下がりませんでした。

「いずれにしてもですねぇ」と話し始めると、「NHKは予算もですねぇ、握られてるわけですし、やっぱり政治に弱いと一般視聴者も思ってる」と譲らず、「それがしばしば放送内容への介入とか忖度を生みやすい原因になっている」更に「NHKの人事にも影響していると聞いている」とNHKが官邸や自民党に配慮せざるを得ない立場だとの印象を強調、「報道機関としての矜持やジャーナリズム精神を絶対に失わないで頂きたい」と注文をつけていました。

NHK幹部に矜持やジャーナリズム精神を説いた元TBSの杉尾議員は、3月16日の参議院予算委員会で「これは真相解明のためです」と前置きし、近畿財務局の自殺者に関する事実関係や遺書の内容を答弁するよう要求していました(関連記事)。

杉尾秀哉議員の発言

杉尾「(NHKの報道ミスに関する情報についての話から)この話には続きがございまして、この誤報を契機にですね、かねてから官邸や自民党の一部にあったNHKの偏向報道批判というのが強くなった。これにナーバスになった報道局長さん。ま、Kさんというふうに、イニシャルで呼びます。例えば森友問題で映像やニュースの扱い方などを細かく指示をするようになった。これNHKのニュースセンターの中で、JアラートならぬKアラートというふうに呼ばれてるそうでございます。こんなことってあるんですか?

木田専務理事「NHKは報道機関として自主的な編集判断に基づいて放送しております。放送にあたっては国内番組基準に基づき、報道の担当責任者が総合的に判断して、ニュース番組を制作しております。実際の業務運営では各担当責任者が時間帯ごとに、その日に起きた様々な分野のニュース全般を見渡しつつ、重要度や緊急度、更には視聴者の関心の度合いや広がりといった要素を勘案して総合的に判断しているものでございます。御指摘にあったような事実はございません

杉尾「いずれにしてもですねぇ、やっぱりあの、NHKはこうやってその予算もですねぇ、握られてるわけですし、やっぱり政治に弱いっていうのがですね、これは一般視聴者の人も思ってるわけですよ。で、それがしばしば放送内容への介入とかですね、逆に忖度を生みやすい原因になっている。まぁあの、NHKの人事にも影響しているということも、聞いてます。やはりここはですね、言論の報道機関としての矜持、それから先ほど森本委員が言われたですねジャーナリズム精神ていうのは、これだけは絶対に失わないで頂きたいということを申し上げまして、ちょっと次の質問にまいりますけれども(以下略)」
 


 


メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

官邸前抗議活動への警察警備は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP