180413-006edano

立憲・枝野幸男代表が自党議員への甘い体質と「受けの弱さ」を会見で露呈

LINEで送る
Pocket

 
安倍首相を厳しく追及している立憲民主党の枝野幸男代表が、自党の醜聞に関して「任せている」と言葉を濁すように鈍い受けこたえを見せ、守りに弱い一面を垣間見せる場面が、4月12日に行われた会見で見られていました。

自党議員に甘い体質と受けの弱さ露呈した枝野幸男代表

これは4月12日に立憲民主党が発表した「立憲パートナーズ」に関する会見での一幕で、記者が立憲民主党議員によるセクハラ問題への対応を取り上げた際のこと。枝野代表の答えは「男女共同参画本部に任せている」「幹事長部局で適切に対応する」と述べるばかりで、前日・4月11日の衆議院予算委員会で安倍首相に対して見せた舌鋒鋭い姿勢(関連記事)が影を潜めていたばかりか、記者からの質問に「任せている」と鈍い受けこたえに終始する期待外れとも言える一面を露呈していました。

記者はまず、東海地方の女性地方議員が呼びかけた青山雅幸衆議院議員への議員辞職要求への対応を尋ねたところ、枝野代表は「男女共同参画本部におまかせをしております」と答弁。

続いて初鹿明博衆議院議員へのペナルティについて質したところ枝野代表はこちらも「幹事長部局で適切に対応して頂いています」と述べるに留め、最後に記者が「去年から幹事長に質問してるんですけど答えが返ってきていない」と迫ると「適切に対応して頂いていると思っております」と語っていました。

国会で声高に安倍首相を追及する姿勢とは対照的に自党の醜聞への「守り」に弱い姿を見せつけた枝野代表への評価に影響を及ぼす可能性もありそうです。

なお、立憲民主党では青山議員への辞職勧告について「被害者と和解が成立しているので党として対応は難しい」とコメントしていると報じられており、初鹿議員への対応と合わせ身内に甘い体質であることを窺わせていますが、その一方で4月12日には辻元清美国対委員長が玉木代表にヤジを飛ばしていたとされる首相秘書官を処分するよう求めるなど、政権与党に対する厳しい姿勢との対比が浮き彫りになっています。

枝野幸男代表と記者の発言

記者「昨日ですね、草の根のまさに市会議員ですね、静岡から3名来まして、青山さんのことでいろいろやってましたけども、そのことは聞いてます?」

枝野「あの、男女共同参画本部におまかせをしております」

記者「それからですね、セクハラ問題なんですけども、初鹿さんに対しては、何かペナルティを加えることはありますか?」

枝野「あのー、これについても幹事長部局で適切に対応して頂いています」

記者「去年からいろいろと私は幹事長に質問してるんですけれども、その答えがまだ返ってきていないんです」

枝野「あの、それについても適切に対応して頂いてると思っております」

(スタッフが割って入り「立憲パートナーズ」の写真撮影に移行)
 


 

関連URL:【産経ニュース】立憲民主党 セクハラ議員への辞職勧告を求められ…「和解が成立しているので対応難しい」 【読売新聞】「議員にヤジ」首相秘書官、辻元氏が処分を要求

メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

官邸前抗議活動への警察警備は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP