180416-006fukushima

麻生財務相が福島みずほ議員に「持参してるっていうのは持ってきたっていう日本語です」

LINEで送る
Pocket

 
4月16日の参議院決算委員会で財務省事務次官のセクハラ発言疑惑について質問していた福島みずほ議員に対し、麻生財務相が「持参」という言葉について「持参というのは持ってきたっていう日本語です」と説明する場面がありました。

「持参してるっていうのは持ってきたっていう日本語です」

福島議員は質疑の冒頭、財務省福田次官のセクハラ発言疑惑を取り上げ、超党派の女性議員が副大臣と面会した際の報告を受けたか、と尋ねましたが、「雑誌が出る前に福田次官から直接報告を受けた」とする麻生財務相と話が噛み合っていない様子でした。

次に福島議員が「福田事務次官の音源、聞かれましたでしょうか」と確認したところ、麻生財務相は「本人が持参しておりましたんで、聞いております」と答弁。すると聞き取れなかったのか意味が掴めなかったのか、委員長の方を見て確認を求めたことから麻生財務相は同じ内容を繰り返しましたが、意思の疎通が出来ていないと判断したのか、呆れたようにこのように発言。

麻生「(福島議員の方を見ながら)持参してるっていうのは持ってきたっていう日本語です」

国会質疑が度々話題になる福島議員ですが、最近では3月19日の参議院予算委員会で近畿財務局の職員が自殺していた件について「総理を守るための書類の改ざんで人が死んでいる」「政治的、道義的責任を感じますか?」などと語り、安倍首相から「全て決めつけ」「決めつけるのであれば理由を示して頂きたい」と苦言を呈されていました(関連記事)。

福島みずほ議員と麻生財務相の発言

福島「社民党の福島みずほです。えー、事務次官の、福田事務次官のセクシャルハラスメント疑惑についてお聞きを致します。この点について21名の超党派の女性議員の連名で、金曜日、13日の金曜日、うえの副大臣に会って頂きました。で、音源データもありますよってことを示したんですが、大臣このことについて報告を受けてらっしゃるでしょうか」

麻生「御指摘の週刊誌の報道につきましては、これはまず福田次官本人から報告がいわゆる雑誌が出る前の話ですけれども、本人から報告があっていますので、私の方からは、その内容を知っておるかと言えばその段階で存じ上げております」

福島「副大臣から報告受けましたか?」

麻生「え?私は直接受けたのは次官本人からであります」

福島「残念です。副大臣に面会して、必ず大臣に伝えるってことだったんですが、伝わってないとしたら、本当に、せっかく、女性国会議員11名で言ったので、21名の連名で。実に残念であると思っております。で、大臣、えー、セクシャルハラスメントに関しては、ご存知、人事院のマニュアルがあります。人事院の10のマニュアルの中で、性的なことを言ったり、それはセクシャルハラスメントに当たるというマニュアルがあるわけですが、この、福田事務次官の音源、聞かれましたでしょうか」

麻生「本人が持参しておりましたんで、聞いております

(福島議員、委員長の方を見る)

委員長「麻生大臣、もう一度、ご発言をお願いします」

麻生「本人が持参しておりますんで聞いております

委員長「聞いている」

(席へ戻ろうとした麻生財務相、再度答弁台へ立ち)

麻生「(福島議員の方を見ながら)持参してるっていうのは持ってきたっていう日本語です

福島「えー、それではそれを聞かれたご感想はいかがでしょうか」

麻生「これは言った内容は度々申し上げましたように、(以下略)」
 


 


メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

官邸前抗議活動への警察警備は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP