180422-001koike

共産党・小池晃書記局長が解散総選挙に意欲「もう1回、やり直してもらおうではありませんか!」

LINEで送る
Pocket

 
4月21日に東京の赤羽駅前で行われた街頭演説で、共産党の小池晃書記局長が「もう1回、やり直してもらおうではありませんか!」と衆院選に意欲を見せる場面がありました。

「もう1回、やり直してもらおうではありませんか!」

小池書記局長は演説の終盤で特定秘密保護法や安保法制、共謀罪を挙げて「憲法違反の法案を次々と強行」している上に「国政の私物化、情報の隠ぺい・改ざんによって憲法をことごとく破るような政治を何の反省もなく突き進んでいる」として安倍政権を強く批判。

こうした状況の中、国民の中に「安倍政権でいいのかという声が急速に広がってきている」と指摘し、「今声をあげずしていつあげるのか」と共産党への応援を人々に訴えかけていました。

そして来年の参院選における自身や吉良よし子議員への支持を求めた上、前回の衆院選で落選した池内さおり前議員を横に、このように述べていました。

小池「そして皆さん、去年の総選挙は、ウソで塗り固めて、議席を取ったんですよ!もう1回、やり直してもらおうでは、ありませんか!!」

支持者を前に解散総選挙への意欲を示した形の小池書記局長ですが、共産党は2017年10月の衆院選の際に、安倍首相が解散を決めるまでは総選挙への意気込みを見せていたものの、解散を決めた途端に「いったい何を問うのか」などと主張して批判を浴びていたことから、今回も仮に安倍首相が解散総選挙に踏み切った場合、小池書記局長のその後の発言に注目が集まることになりそうです。

共産党では志位和夫委員長が2017年7月初めの街頭演説で「我が党は速やかな解散総選挙を行うことを強く求めたいと思います!」と語っていた他(関連記事)、8月に内閣が改造された直後、小池書記局長が「内閣改造ではなく内閣総辞職、解散・総選挙が必要」と会見で発言したとTwitterで述べていました。

しかし、9月17日にメディアが解散を報じると一転、志位委員長は「一体、何のための解散か」また小池書記局長も「いったい何を問うのか」と態度を翻したことから(関連記事)、10月に行われたテレビでの党首討論で安倍首相が「直ちに解散しろと言ったのはですね、共産党の小池さんですよ」と指摘する一幕もありました(関連記事)。

小池晃書記局長の発言

小池「安倍政権は、この間、特定秘密保護法、安保法制戦争法そして共謀罪。憲法違反の、法案を次々と強行し、そして今、国政の私物化、情報の隠ぺい、改ざんによって憲法をことごとく破るような政治を、何の反省もなく突き進んでいます。しかし同時に、国民の中に、この安倍政権でいいのかという声が、今急速に、広がってきているのでは、ないでしょうか!もっともっとこの声を、広げに広げていこうではありませんか!憲法を、守らない、安倍政権に、憲法を変えることなど、許すわけには、まいりません!!(拍手)戦争への足音が、耳元で聞こえるような、そんな状況の中、今声をあげずしていつあげるのかという時だと思います。どうか皆さん、この北区の隅々に、安倍政権を倒せ、憲法を守り抜け、この声を広げに広げて下さいますように、心から、訴えます!来年の、統一地方選挙では、日本共産党の、9名の、9議席の、実現のために、どうかお力をお貸し下さい!よろしくお願い申し上げます。そして、1月の参議院選挙。吉良よし子、吉良よし子参議院議員に、再び、参議院国会で、頑張ってもらうために、この東京選挙区から、どうか押し上げて下さい!広げて下さいよろしく、お願いを申し上げます。比例代表、日本共産党と広げて、私も引き続き、国会で働かせて下さい!よろしくお願いを申し上げます。そして皆さん、去年の総選挙は、ウソで塗り固めて、議席を取ったんですよ!もう1回、やり直してもらおうでは、ありませんか!!(拍手)前東京12区は、池内さおり!池内さおり!ウソと改ざんによって奪われた、池内さんの議席を、正義の力で取り戻す選挙に、しようではありませんか!どうか、広げてくださいますように、重ねて心から訴え、私からの訴えを終わります。どうもありがとうございました!(拍手)」
 


 

※画像は小池晃書記局長のTwitterより。
関連URL:Twitter

メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

官邸前抗議活動への警察警備は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP