180427-001fukuyama

福山哲郎幹事長の会見で青山雅幸・初鹿明博問題の質問「ペナルティは正しいと思ってますか?」

LINEで送る
Pocket

 
4月26日に行われた立憲民主党・福山哲郎幹事長の会見で、記者から青山雅幸・初鹿明博両議員のセクハラ問題に対する党の対応について追及を受けた福山幹事長が現状を説明したものの、政府与党批判で見せる饒舌さは影を潜め、枝野幸男代表同様、守りに弱い姿を浮き彫りにしていました。

枝野代表に続き守りに不安の福山幹事長

記者は青山議員と初鹿議員に対し党として課したペナルティは正しいと思っているか、本人達は会見もしていないと批判的な姿勢で福山幹事長に質問。

これに対し福山幹事長は「青山議員は地元で会見した」と反論しましたが、「会見ではありませんあれは!」「全然答えてません!」と怒気を含んだ口調で詰め寄られてしまいます。

首を傾げながら「青山議員については党員資格停止処分をすぐにさせて頂きました」「初鹿議員の場合も我々はすぐに役職停止処分をして」と説明し理解を求めた福山幹事長でしたが、前者については「被害女性から口外しないで欲しいと出ている状況」後者についても「被害女性の二次被害を避けるためこれ以上のことを申し上げるわけにはいかない」と詳細に踏み込むことはありませんでした。

財務次官のセクハラ発言疑惑をはじめとする一連の不祥事に国会での審議を拒否するなど厳しい姿勢を崩していない立憲民主党ですが、その一方で青山議員や初鹿議員、それに山尾志桜里議員の不倫疑惑問題など自党議員の醜聞への対応が不十分ではないのかとの批判がくすぶり続けています。

こうした状況を察知しているからなのか、福山幹事長は会見で青山・初鹿議員への処分について説明した際、どちらについても「党員資格の停止処分をすぐに」「すぐに役職停止処分を」と強調していました。

青山・初鹿両議員の問題については4月12日にも枝野幸男代表の会見で党としての対応にいついての質問が飛び出していましたが、枝野代表は「任せている」と語るばかりで受けの弱さを露呈(関連記事)。

今回の福山幹事長も動揺した表情で「えー」と言いながら慎重に発言するなど、守勢に回った際の脆さを浮き彫りにした印象を与えていました。

なお、初鹿議員は4月6日の衆議院厚生労働委員会で「いい加減にして下さいよぉぉぉぉぉ!!!!!!」と叫ぶなど(関連記事)元気に議員活動を行っています。

福山哲郎幹事長の発言

記者「今、いろいろと問題があるんですけれども、かつて、セクシャルハラスメントをやったと認めてる、青山雅幸と、初鹿明博に対する、ペナルティは、いつ頃終わるんでしょう。現在、そのペナルティは、正しいと思ってますか?全然本人達は、会見もしてませんし。お願いします」

福山「えと、青山議員は、地元で会見をされたというふうに・・・」

記者「会見ではありませんあれは!

福山「でも、マンションの前に立たれたというふうに私は、受けていますが、一応記者の質問答えられましたよね」

記者「いえ全然答えてません!

福山「(首をかしげて)えーまぁご案内のように、あの、青山議員については、党員資格の停止処分をすぐにさせて頂きました。で、彼は、事実関係を認め、そして和解に入り、今、和解が成立して、そして、まぁ、これ以上の問題について、口外をしないで欲しいという状況が被害女性の方からも出ていますので、そのことについて今、現状、そういう状況にあります。初鹿議員の場合におかれましても、まぁ我々は、すぐに役職停止処分をして、本人に事実確認をし、そして、被害女性との関係について、えー、和解なり、しっかりと謝罪をするようにというふうに申し付けているというか、そのように、えーこちらとしては、えー・・・党としては、役員停止処分をした上で、彼に申し伝えているところです」

記者「この返事は来るのですか、初鹿明博は」

福山「それは、あの、んー、まぁ、あの被害女性が、これいつも申し上げているように公的な、公務に就かれている女性ですので、その方の、被害女性の、まぁそれこそ人権もありますし、えー、公務に就かれているということもございますので、そこは被害女性の、二次被害を、避けるために、我々としては、そのことについては、えー、一定の報告を受けていますが、これ以上のことは申し上げるわけにはいきません
 


 


メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

官邸前抗議活動への警察警備は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP