180511-003nogami

菅官房長官に続き野上浩太郎官房副長官も「麻生大臣に聞いて」東京新聞女性記者に

LINEで送る
Pocket

 
5月11日午前の官房長官会見で答弁に立った野上浩太郎官房副長官に対して麻生財務相の発言を質した東京新聞女性記者が、麻生大臣に直接聞くようにと言われ、菅官房長官と同様の対応であしらわれる場面がありました。

官房長官に続き副長官も「麻生大臣に聞いて」

女性記者は同日の国会で麻生財務相が前次官のセクハラ問題について「女性記者にはめられた可能性が否定できない」と語ったとされている件について、「なぜ安倍首相は麻生氏の暴言等に公の場で問題視さえ出来ていないのか」と政府の見解を質しましたが、野上副長官からは「直接麻生大臣にお尋ね頂きたい」と答弁されてしまいます。

野上副長官は問題の発言自体の評価は避けたものの、既に「セクハラという意味ではアウト」と述べ前次官の減給相当処分を行ってきたなど麻生財務相の認識に問題はないとの姿勢を示しましたが、女性記者は納得しません。

「アウトだといいつつ相変わらずそのような発言を続けている」「政府は問題だと思っていないのか」と食い下がりましたが、野上副長官は「今申し上げた通り麻生大臣は記者会見も行っているので直接、麻生大臣に」とリピート。

この女性記者に対しては菅官房長官も5月8日の会見で麻生財務相の発言について問われた際「直接麻生氏から聞いて欲しい」「麻生大臣に聞いて欲しい」と繰り返していたことから(関連記事)、官房長官に続いて副官房長官も女性記者の質問を一蹴した格好と言えます。

女性記者はまた、野上副長官が最後に指名するかのような仕草を見せたことから追加でもう1問、質問しようとしましたが「はい、ありがとうございました」とアナウンスに遮られ、会見はそのまま終了していました。

野上浩太郎官房副長官と東京新聞女性記者の発言

記者「えと、麻生大臣なんですけども、今日の衆議院財務金融委員会で、福田氏のセクハラ問題について再び、女性記者にはめられた可能性が否定できないと述べておりますが、否定できない根拠も示しておりません。被害者に対する意図的とも・・・」

アナウンス「質問簡潔にお願いします」

記者「いえる暴言を繰り返し続けておりますが、先程副長官が言ったように全ての女性の輝ける社会を謳いながら、なぜ安倍首相は麻生氏の暴言等に公の場で問題視さえ出来ていないのか。これ政府としてのやはり姿勢が・・・

アナウンス「結論お願いします」

記者「問われている。お答え下さい」

野上「あの、麻生大臣、今の答弁、あるいは、国会記者会見等も行っているので、直接麻生大臣にお尋ね頂きたいと思いますが、いずれにせよ、麻生大臣はセクハラという意味ではアウトだと明言をされております。こうした認識に立って福田前次官の減給相当の処分を行ってきたと承知をしております」

アナウンス「この後の日程ありますので次の質問最後でお願いします」

記者「(アナウンスが終わらないうちに)まぁ、アウトだといいつつですね、えーと相変わらずそのような発言を続けている。これ自体を政府は今、問題だと思っていないのでしょうか

野上「あの、今申し上げた通り麻生大臣記者会見も行っておられますので、また直接、麻生大臣に・・・

(野上副長官、再び記者を指名しようとする仕草)

記者「はい、すいません」

アナウンス「はい、ありがとうございました」

記者「あっ・・・」

(会見終了)
 


 


メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

官邸前抗議活動への警察警備は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP