150515-006tsumura

「安倍総理のトイレに抗議したのではありません」国民・津村啓介議員が批判に反論

LINEで送る
Pocket

 
5月14日の衆議院予算委員会で、安倍首相のトイレに抗議したなどとして批判を浴びていた国民民主党の津村啓介議員が「トイレに抗議したのではありません」と否定しています。

これは玉木雄一郎共同代表の質疑中、安倍首相がトイレに行った際の場面。「ト、トイレ!?じゃあちょっと(時計を)止めて下さい」と玉木共同代表が述べた際に、津村議員が委員長席に駆け寄っていたことから「抗議しに行ったのか」という形で拡散し、「生理現象なんだから仕方ないのでは」「トイレのどこが問題なんだ」など津村議員に対しては厳しい声が相次いでいました。

しかし5月15日、津村議員はTwitterでこのように述べ、トイレに抗議したのではなく時計を止めるよう要請と確認に行ったものだ、と説明しています。

津村「はい。もちろん、安倍総理がトイレに行かれることに抗議をしたのではありません。トイレの時間、玉木さんの質疑の持ち時間が空回しで消化されないよう、速記(時計)を止めて頂くよう要請と確認に行きました。テレビ中継入りの質疑で総理がトイレに行かれるのは少し珍しいことなので、一瞬慌てました。」

また委員会中に安倍首相などがトイレに行く場合、通常は事前に合図を入れるが今回は相談がなかったので「戸惑いの声が上がりました」と述べており、「トイレに抗議」との誤った情報が拡散する背景にあったことを窺わせています。

津村「総理や委員長がトイレに行かれたい場合は、通常、与党理事に事前に合図をされ、与党理事が野党理事にタイミングの相談に来られます。相談があれば野党理事は質疑者に他の大臣へ質問するよう促し、総理がトイレに行ける時間を作ります。昨日はその相談がなかったので、一瞬戸惑いの声が上がりました。」
 


 

関連URL:Twitter Twitter

メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

官邸前抗議活動への警察警備は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP