180518-006hatsushika

「今すぐやってもらえませんかぁ!?」初鹿明博議員が委員会休憩してデータ精査しろと要求

LINEで送る
Pocket

 
5月18日の衆議院厚生労働委員会で質疑に立った立憲民主党の初鹿明博議員が、働き方改革に関連したデータ問題で、委員会を休憩して精査しろと求めたり、月曜日中に提出するとして理解を求めた加藤勝信厚労相に対して、月曜日の午前中に出せと迫るなど、何度も議事を中断させる場面がありました。

「委員会休憩してやってもらえませんか!?」

初鹿議員は質疑序盤から30分弱もの時間をかけて何度も委員会を中断させながら加藤厚労相を追及。立憲民主党が指摘した数件について「今すぐやってもらえませんかぁ!委員会休憩してやってもらえませんか!?」と精査作業を行うよう求め、委員長にも1時間もかからず確認できるはずだから理事会を開くよう要求。

ここで10分近く委員会が中断しましたが、再開後「来週の月曜日中には必ずお出しさせて頂きます」と説明する加藤厚労相に初鹿議員は納得しません。

「なんですぐに出来ないんですかぁ!?なぜすぐに出来ないんですか!?」「せめてこの5件だけでもやってください!」などと主張を変えず、今度は山越労働基準局長に原票の保管状況について質しましたが、切り崩すことは出来ませんでした。

その後も加藤厚労相に「月曜日の午前中に出して頂けないでしょうか」と迫るなど執拗にこの話題を続けた初鹿議員でしたが、最後は「できるだけ早い時間にぃ、出すようにして頂けますようにお願いさして頂きます」と中途半端な形で次の話題に移っていました。

この間、質疑は結局4回も中断していました。

野党議員が「今この場で」と求めた事例としては、2017年12月に柚木道義議員が衆議院法務委員会で官僚の出席を求め「理事会じゃダメですここで協議して下さい」「今協議して下さいって言ってるんです」などと食い下がったケースがあります(関連記事)。

初鹿明博議員の発言

初鹿「(前略)その上で、その労政審の、議論の出発点になったのはなんですか!?先ほども尾辻議員が取り上げました25年の労働時間等総合実態調査ですよ!この議論の出発点が、今、信頼が揺らいでいる。そして、2ヶ月、精査をして、出てきたもの。9,000件になって、我々が、じゃあ元のその9,000件のデータ全部ちゃんと出してくださいと言ったらまだ出てこない!しょうがなく、もともとの1万数千件のデータで見ていったら、残されているはずのものの中にも、まだ、先ほど示したように、時間が合わないものがあるわけですよ!だからですねぇ!これもう1回ね、本当にきちんと!出してもらいたいんですよね本当に9,000件が正しいのかどうか。で今ね、我々が調べて、5つ、逆転が見られるもの。示しましたよ。これ番号もつけてるんですよ!?1894番。1日が0時間だが1週月間年間が記載されてると。番号ちゃんと書いてあるんだからぁ!原票とぉ!皆さんが今精査したと言っているというデータと、結合して、確認するのは、そんなに難しい話じゃないッスよ!全部で我々示したの10件ですから!逆転が見られるものだけでもいいですよ5件だけでも!(大きな声で)今すぐやれると思いますがぁ!今すぐやってもらえませんかぁ!?委員会休憩してやってもらえませんか!?

加藤「あの先ほど委員長からですね理事会でご判断されるということでございますので、理事会の判断に従って、対応させて頂きます」

初鹿「では、委員長!理事会をぉ!今いったん休憩して理事会を開いてくださぁい!こんな5件ぐらいねぇ!1時間もかからないで確認できるはずです!委員長是非!理事会を開いてくださぁい!

委員長「・・・」

委員長「ちょっと速記を止めて下さい」

(10分弱、議事中断)

加藤「あのこれ、前回出したのと同じベースで出させて頂いたほうが、そちらで見て頂くにも正確性があると思いますし、今それ準備してるんですね。この、他の委員会からもご指摘があって。従って、来週の月曜日中には必ずお出しをさせて頂きます

初鹿「あのぅ、精査したものをぉ、示したんじゃないんですかまた精査する必要があるっていうことが私は、理解が出来ないですよね!で、ここね丁寧にぃ、事業所の番号をつけてるんですよぉ!?10件。この、例えば5748番という事業所の、原票を見て、そしてぇ、集計したデータと合わせれば、一瞬にしてぇ、我々が指摘してる通りになってるのか、それとも直ってるのか、わかるじゃないですかぁ!ねぇ!それがなんですぐに出来ないんですかぁ!?なぜすぐ出来ないんですか!?

加藤「ですから先ほど申し上げた、全てのデータ9,000のデータをお出しして、見て頂いた方が確かだということで、そして、今、それを精査っていうのは別に出せるように準備してるという意味で申し上げてるんで、そういう準備をさせて頂いてるんで、それを月曜日中にはお出しをさせて頂く。こういうことでございます

初鹿「5件ですからねまず5件を出して頂いて、我々にきちんとあってんのか間違ってんのかね?確認をさせて下さいよ。これで1件でもやっぱり、間違いがあったら、やっぱりそもそも根本的に1から調べ直さないといけないですよねってなるし、ここが全部訂正がされてるんだったら、それはぁ、今やっている精査の作業でね、出てきたもので十分だってことになるんだと思うんですよ。今やってるのがぁ、あとになって無駄になるかもしれませんよ!?だからせめてこの5件だけでも、やってください!局長!伺いますけどねぇ!これ原票はぁ!番号がわかればすぐに出せるんですよねぇ!すぐ出せるんでしょ!?番号わかってるんだから。6243番って言ったら、ダンボール30箱の中からあけて6,000番台だなってすぐ出せますよね」

山越労働基準局長「えー、今大臣からもご答弁がありましたように、現在その9,083事業場の入力データを準備をしているところでございますので、来週月曜日に出すようにしてまいりたいと思っております

初鹿「(苛立って大きな声で)局長!!私が聞いたのは!データをどうのこうのじゃなくて、原票!ダンボールの中に入ってるんですよね!?それをすぐに確認できんのかって聞いてるんです!ちゃんと番号順に揃えられてるんでしょ!?それを!確認してるんですよ!答えて下さい!!

山越労働基準局長「えー、このデータでございますけれども、調査票原票の内容とそれに基づく入力されたデータの突合をやっております。従って元のデータと変わったものとなっておりますので、それということになりますので、それについて整理を致しまして来週お出ししたいということでございます

初鹿「(大きな声で)質問に答えて下さい!!事業所の番号がわかれば、その事業所の原票はぁ、すぐにぃ、手元に、出せるんですよね、ということを聞いてるんです!それが出せるんだったら、そのデータとの突合はすぐ出来ますよねと。だからまずは、出せるかどうか、手元にすぐに、この、1894番と言ったらすぐに1894番の原票を持ってくることが出来るんですよね!?」

山越労働基準局長「繰り返しのご答弁になって恐縮でございますけれども、前回も全体のデータとしてお出しをしてるものでございまして、それに相当するものと致しまして9,083事業場の・・・」

(初鹿「ちゃんと質問に答えて下さい!」)

山越労働基準局長「データの提供、準備をしておりますので・・・」

(初鹿「そんなこと聞いてません!

山越労働基準局長「それをお出しするようにやってまいりたいと思います」

(ヤジ多数)

委員長「質問を続けて下さい初鹿明博君」

(野党議員が委員長席で抗議「答えてない!」)

委員長「速記止めて下さい」

(議事中断)

山越労働基準局長「えー、繰り返しのご答弁で恐縮でございますけれども、現在、この9,083件全体のデータとして出すということで準備をしているところでございますので、そうしたものを来週、出すようにやってまいりたいと思います

(ヤジ多数)

委員長「速記止めて下さい」

(議事中断)

山越労働基準局長「調査票原票、の保管ということでございますけれども、これ私どもで今も保有しているところでございます」

初鹿「ちょ、保有してるの当たり前ですよね!?だからそれが出せる状態に、番号順に揃えて並べられてるんですよねと、いうことを聞いてるんですぅ!」

委員長「速記を止めて下さい」

(議事中断)

山越労働基準局長「申し訳ありません。えー、必ずしもその、番号順ではない、ということかもしれませんけれども、局とか所、そういう単位で保管してると、そういう順で保管してるということかと思います」

初鹿「つまりぃ、番号がわかればぁ、すぐに出せるという状況にはなってるということなんじゃないんですかぁ!?私はね、今からでもすぐにこの5件だけは、作業して、それでぇ、委員会が終わるまでに間に合うならばきちんと出して頂きたいと思います!その上で、全ての、ものについては月曜日にぃ、出して頂けるということを先ほど大臣が、答弁して頂きましたが、これはどのような形でぇ、月曜日といっても朝から夕方まで、ありますので、いつ、出すのか。理事会が開かれる予定は多分まだ決まってないと思いますので、理事会に提出をするのかどうなのか、時間と方法について、明確にして下さい

加藤「あの、そのどういうやり方についてはですね、これは理事会のご指示を頂かないと、私の方から申し上げるわけにはいきませんが、来週、当初来週と申し上げておりましたけれども、こうした皆さんの御意見があるんで月曜日中にはやるということでじゃあ、ですからその何時ということについて今、詳細に答えられる状況にはありませんけれども、先ほど申し上げた月曜日中と言えば普通は夕方5時までに出すとこういうことでございます

初鹿「月曜日の午前中に出して頂けないでしょうか

加藤「まああの、昼までが無理かどうかってことちょっと今、私申し上げる立場にありませんが、委員のご指示も踏まえまして努力はさせて頂きますけれども、いずれにしても不十分なもの、不正確なものを出すわけにはまいりませんから、出来る限り委員のそうしたご指摘を踏まえてですね、対応させて頂きたいと思います。データ全部あるんで、それをですね前回と同じように整理をして出すと、こういう作業をさせて頂いてるんでそれが終わったところで出させて頂くということを先ほどから申し上げているわけであります」

初鹿「まぁこれ以上いいませんけれどもぉ、できるだけ早い時間にぃ、月曜日出すように、して頂ますようにお願いさして頂きます。まぁあまりこの問題だけにとらわれてると他のことが出来なくなるので次に進みます。(以下略)」
 


 


メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

官邸前抗議活動への警察警備は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP